【カシオペアS】(京都)~トーセンスターダムが人気に応える [News]
2015/11/01(日) 16:34
京都11Rのカシオペアステークス(3歳以上オープン・芝1800m)は1番人気トーセンスターダム(A.シュタルケ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒7(良)。クビ差の2着に4番人気ダノンメジャー、さらに半馬身差の3着に10番人気マコトブリジャールが入った。

トーセンスターダムは栗東・池江泰寿厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母アドマイヤキラメキ(母の父エンドスウィープ)。通算成績は13戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 トーセンスターダム(A.シュタルケ騎手)
「ゲートの中でソワソワすると聞いていましたが、スムーズに出てくれました。道中はゆったりとリラックスして運べましたし、勝負どころもしっかり反応してくれました。早く先頭に立つとソラを使うので早く動きたくはなかったのですが、動かざるをえないポジションでした。ラストはソラを使っていましたが、何とかしのいでくれました」

4着 ハギノハイブリッド(藤岡康太騎手)
「前で競馬をしようと出していったのですが、思ったよりもついて行けず、位置取りが一列後ろになってしまいました。直線は伸びているのですが......。コーナー4つのコースの方が競馬はしやすい印象があります」

5着 グァンチャーレ(幸英明騎手)
「少しハミがかりがよすぎた感じで、もう少しカベを作れていればよかったです。状態は上がっているので、次はさらにやれると思います」