【渡月橋S】(京都)~スーサンジョイが4馬身差で快勝 [News]
2015/11/01(日) 16:32
京都10Rの渡月橋ステークス(3歳以上1600万下・ダート1400m)は1番人気スーサンジョイ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒6(良)。4馬身差の2着に2番人気メイショウオセアン、さらにアタマ差の3着に7番人気エリアコンプリートが入った。

スーサンジョイは栗東・岩元市三厩舎の3歳牡馬で、父エンパイアメーカー、母グランジョイ(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 スーサンジョイ(和田竜二騎手)
「比較的楽に行けましたからね。直線はモタれながらもがんばっています。心肺機能が高いのでしょう。これからも楽しみです。あとはオープンで自分のペースで行けるかがポイントになるでしょう」

2着 メイショウオセアン(酒井学騎手)
「スタートよく、スムーズにレースを運べました。勝ち馬が動いたときにこちらは勝ちにいくため、少し動き出しを遅らせました。直線は苦しくなりながら両サイドから挟まれて、もう一度やる気を出してがんばってくれました」

3着 エリアコンプリート(北村友一騎手)
「ペースが速かったですね。道中もスムーズでしたし、いい内容のレースができました。このようなレースができれば、1200mでも1400mでも大丈夫です」

4着 ロードガルーダ(小牧太騎手)
「一瞬勝つかとも思ったのですが、逃げた馬は速かったですね。砂を被るのはあまりよくないです」

5着 エンドレスノット(岩崎翼騎手)
「状態はいいと聞いていました。今日はスタートも出て、流れが速い中、終いはよく伸びています。がんばっています」