【メイクデビュー】(京都4R、5R)~エルフィンコーブ、ダノンシャルマンが勝利 [News]
2015/11/01(日) 14:06
京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1200m)は1番人気エルフィンコーブ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒3(良)。半馬身差の2着に2番人気トップノート、さらに2馬身半差の3着に3番人気エイシンシエルが入った。

エルフィンコーブは栗東・池添学厩舎の2歳牝馬で、父Adios Charlie、母Siren Cove(母の父Montbrook)。

~レース後のコメント~
1着 エルフィンコーブ(松山弘平騎手)
「逃げたくはなかったのですが、スピードの違いでハナへ。直線では物見をしながら押し切ってくれました。力のある馬ですし、これからもっとよくなりそうです」

(池添学調教師)
「まだ全体に余裕のある作りでしたが、期待が大きかっただけに無事に勝ててホッとしています。ここまでじっくり仕上げてきましたから、このあとは少し休ませる予定です」

2着 トップノート(和田竜二騎手)
「直線で交わせる感じだったのですが、ゴール前で外にヨレてバランスを崩してしまいました。若いところを出してしまいました。能力は確かです」

4着 ユアマイラブ(北村友一騎手)
「軽い走りをしていましたし、仕上がりもいい感じでした。ただ、まだ幼い面があって、集中して走れていません。これから徐々によくなっていくと思います」

5着 ラッシュストーム(国分恭介騎手)
「外の馬に前に行かれて、馬群の中でのレースになりましたが、気にすることなく他に負けない精神力の強さを見せてくれました。これから体力がつけば楽しみです」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は1番人気ダノンシャルマン(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒9(良)。2馬身差の2着に5番人気ピッツィカート、さらに半馬身差の3着に3番人気ホットメッセージが入った。

ダノンシャルマンは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母レディバラード(母の父Unbridled)。

~レース後のコメント~
1着 ダノンシャルマン(松山弘平騎手)
「返し馬から雰囲気がよかったですし、楽に2番手につけられて、終いもしっかりしていました。強い競馬でした」

2着 ピッツィカート(北村友一騎手)
「調教でそんなに動くタイプではありませんが、芝の実戦に行って良かったですね。まだ身体を持て余している感じはありますが、いいモノを持っています。緩さが抜けたらもっとよくなると思います」

5着 セントラルルーク(A.シュタルケ騎手)
「物見をしながら走っていましたし、気性的にまだ子どもですね。使っていけば上積みがあると思います」