【アルテミスS】(東京)~12番人気デンコウアンジュが大外一気で重賞初制覇 [News]
2015/10/31(土) 17:06
東京11Rの第4回アルテミスステークス(GIII、2歳牝馬、芝1600m)は12番人気デンコウアンジュ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒1(良)。クビ差2着に1番人気メジャーエンブレム、さらに1馬身1/2差で3着に6番人気クロコスミアが入った。

デンコウアンジュは栗東・荒川義之厩舎の2歳牝馬で、父メイショウサムソン、母デンコウラッキー(母の父マリエンバード)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 デンコウアンジュ(田辺騎手)
「出たなりのつもりでいましたが、前半は流れていたので後ろの位置になりました。3~4コーナーでペースが遅くなり、イチかバチか早めに仕掛けて行きました。まだオドオドしたり、フラフラしたりと若い面を見せていますが、いいパフォーマンスを見せられたし、この先の成長が楽しみです」

2着 メジャーエンブレム(ルメール騎手)
「大外枠で行きたがっていましたが、先頭に立つとリラックスして走っていました。直線で1頭になってしまったのが堪えました。併せていれば違ったと思います」

3着 クロコスミア(勝浦騎手)
「脚は使っているし、力は示せました。順調に力をつけています。根性もあります」

5着 ウインファビラス(松岡騎手)
「スタートのタイミングが合わず、位置取りが思っていたより後ろになってしまいました。折り合いはつきましたが、休み明けの分、伸び切れませんでした」

7着 カイザーバル(C.デムーロ騎手)
「緩急のあるレースで、3~4コーナーで難しい面を見せてしまいました。追い出してからはスパッとした脚を使えず、調教で乗った時のイメージと違いました」

13着 ビービーバーレル(戸崎騎手)
「前半は出入りが激しく、苦しい競馬になってしまいました。馬自身はセンスがあって乗りやすいです」