【スワンS】(京都)~3歳牝馬アルビアーノが中団から抜け出す [News]
2015/10/31(土) 16:52
京都11Rの第58回スワンステークス(GII、3歳以上、芝1400m)は2番人気アルビアーノ(柴山雄一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒2(良)。1馬身1/4差2着に1番人気フィエロ、さらに3/4馬身差で3着に4番人気オメガヴェンデッタが入った。

アルビアーノは美浦・木村哲也厩舎の3歳牝馬で、父Harlan's Holiday、母Antics(母の父Unbridled)。通算成績は7戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アルビアーノ(柴山騎手)
「リズムを重視して運んだ結果で、自然に中団からになったのですが、すごくいい手応えでどこからでも動けそうでしたし、馬込みの中でも平気でした。いい脚を使ってくれましたし、抜けてからもフワフワしているくらいでした。一戦ごとに成長していますし、次のマイルCSでも楽しみです」

2着 フィエロ(M.デムーロ騎手)
「勝った馬は強かったですね。それに今日は外枠が堪えました。いい位置で競馬が出来ませんでしたね。最後はよく来ていますが...」

3着 オメガヴェンデッタ(岩田騎手)
「もう一段二段、力をつければもっと上でもやれそうな馬です。まだ全体に緩いところがありますが、こういう馬に乗せていただけるのはありがたいことです。これからレベルアップすれば楽しみだと思います」

4着 バクシンテイオー(シュタルケ騎手)
「3番枠でしたし、内を立ち回って行こうと思いました。スタートしてすぐ折り合いもつきましたし、直線もスペースが見つかって追うとよく反応していい伸びでした。使ってさらに良くなると思いますし、1600mでも大丈夫でしょう」

6着 リトルゲルダ(松山騎手)
「外枠でしたが、終いもある程度しっかり伸びてくれました。もし内枠で、逃げ馬の後ろで脚をためることが出来たなら、もっとやれたと思います」

8着 サトノルパン(浜中騎手)
「内枠でしたから、ある程度ポジションを取りに行って、脚をためてレースが出来ました。今回は相手も強かったですが、現状では1200mで終いの脚に徹したレースが合っているかもしれません」

9着 テイエムタイホー(松田騎手)
「休み明けでしたが、このメンバーに対してこれだけやれるのですから、力があります。流れに乗っていいレースをしています」

11着 ベルルミエール(川島騎手)
「いい位置で運べましたが、直線で進路が空いてから伸び切れませんでした。体が増えていた影響かもしれません」