【河北新報杯】(福島)~メイショウブイダンがゴール前捉える [News]
2015/10/31(土) 16:29
福島11Rの河北新報杯(3歳以上1000万下ハンデ、芝1200m)は2番人気メイショウブイダン(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒1(良)。1/2馬身差2着に10番人気クリノスイートピー、さらにアタマ差で3着に3番人気エルカミーノレアルが入った。

メイショウブイダンは栗東・西浦勝一厩舎の4歳牡馬で、父メイショウサムソン、母エンジェルローブ(母の父アドマイヤベガ)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウブイダン(吉田隼騎手)
「開幕週の外枠だったのですが、うまく隣の馬の後ろで脚をためることが出来ました。最後はこれだけの脚を使ってくれたので、上のクラスでも楽しみだと思います」

2着 クリノスイートピー(嶋田騎手)
「スタートが速く、他に行く馬もいたのですが、道中楽に行けました。4コーナーでの手応えも良く、追ってから反応してくれました」

4着 ゼンノコリオリ(鮫島克駿騎手)
「道中、内々をロスなく行って、スムースな競馬が出来ました。しかし、ペースが落ち着いてしまったのが残念です。勝てる力はある馬です」