【天皇賞(秋)】栗東レポート~ラブリーデイ [News]
2015/10/28(水) 17:07
☆11月1日(日曜日)東京競馬場で行われる第152回天皇賞(秋)(芝2000m サラ3歳以上,オープン GI)に出走を予定しているラブリーデイについて追い切り後、関係者のコメントは以下の通り。

◎ラブリーデイについて、池江泰寿調教師

・京都大賞典ではこちらが思っていた以上のパフーマンスを見せてくれました。馬場が良かったということもありますが、距離不安を克服してくれたことも大きいですね。
・夏を越えて目立って変わった訳ではありませんが芝もダートも走れる体になって、パワーと切れが増しています。春にも成長しましたが更に成長しています。
・中間はレースで使った反動も無く、中二週順調に来ています。今週の追い切りは浜中騎手に久々に乗ってもらいました。折り合い面に注意してラスト100mを加速して欲しいという指示でしたが、動きも良くいい感触です。
・以前浜中騎手が乗った皐月賞の時と比較して操縦性もアップしています。後左回りが久々でどうか、ということですが距離はベストの2000mです。枠に関してはそこがこの馬にとってベストと思って臨むだけです。後はこの馬に展開が向けばと思っています。
・前走と比較して使われたことで状態は一割増しというところです。今年に入って重賞5勝、この勢いで秋も大きなところを獲ってもらいたいですね。

◎ラブリーデイについて、浜中俊騎手

・今朝はCWコースで半マイルから馬を見て負荷を少なめに余裕を残しての追い切りでした。状態もよくリラックスして道中は良かったですね。皐月賞以来ですが、一回りも二回りも馬が厚みを増して古馬らしい雰囲気になっています。
・東京芝2000mについてはいろんな経験を積んだ馬ですから何の不安もありません、器用な馬なので極端な外枠で無ければ問題ありません。
・いいレースをファンに見ていただけれるよう頑張ります。

取材:檜川彰人.