【甲斐路S】(東京)~シュンドルボンがゴール前で抜け出す [News]
2015/10/25(日) 15:36
東京10Rの甲斐路ステークス(3歳以上1600万下・芝1800m)は3番人気シュンドルボン(吉田豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒3(良)。半馬身差の2着に6番人気クラウンレガーロ、さらに1馬身1/4差の3着に10番人気スミデロキャニオンが入った。

シュンドルボンは美浦・矢野英一厩舎の4歳牝馬で、父ハーツクライ、母ネイチャーガイド(母の父エルコンドルパサー)。通算成績は19戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 シュンドルボン(吉田豊騎手)
「初騎乗でしたが、返し馬でも無駄なことをしない馬で乗りやすいです。スローでもしっかり走ってくれます。やりたいことを100%出せる馬。強いです」

2着 クラウンレガーロ(江田照男騎手)
「いい脚を使える馬ですし、逃げたいわけではなかったのですが、押し出されてハナへ行きました。マイペースで行けましたし、これだけやれたのは収穫です」

3着 スミデロキャニオン(石川裕紀人騎手)
「最後はいい脚を使ってくれましたが、前の馬が楽をしていましたからね......」

4着 エバーグリーン(大野拓弥騎手)
「まっすぐ走れましたし、いい内容でした」