【メイクデビュー】(京都4R、5R)~アットザシーサイド、ドレッドノータスが勝利 [News]
2015/10/25(日) 14:05
京都4Rのメイクデビュー京都(牝馬・芝1400m)は1番人気アットザシーサイド(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒0(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気サトノマイヒメ、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気ホーマンビジューが入った。

アットザシーサイドは栗東・浅見秀一厩舎の2歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ルミナスハーバー(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 アットザシーサイド(福永祐一騎手)
「調教からいい動きをしていましたから、期待していました。まだビシッとやっていない中で、これだけの脚を使ってくれました。いいレースをしてくれましたし、距離はもう少し延びても大丈夫です」

(浅見秀一調教師)
「すごくいい脚を使ってくれました。気持ちよかったですね。今後については馬の様子を見て、いろいろ相談して決めたいと思います」

3着 ホーマンビジュー(岩田康誠騎手)
「全体的に乗りやすく、素直な馬です。次はもっと気合いも乗って、いいレースをしてくれると思います」

5着 ウートゥルメール(藤岡康太騎手)
「道中、他馬を気にする面はありましたが、外に出すといい脚を使ってくれました。レースに慣れてくれればと思います」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝2000m)は1番人気ドレッドノータス(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒1(良)。クビ差の2着に7番人気ナムラシングン、さらに3/4馬身差の3着に2番人気ファスナハトが入った。

ドレッドノータスは栗東・矢作芳人厩舎の2歳牡馬で、父ハービンジャー、母ディアデラノビア(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 ドレッドノータス(武豊騎手)
「競馬に行ってよさが出ました。実戦タイプですね。4コーナーの脚はよかったです。先々が楽しみな馬です」

2着 ナムラシングン(内田博幸騎手)
「まだ子どもで、自分の身体を持て余しています。ゲートはもうひとつでしたが、力ませてレースをするより、ゆったり走らせて終いどれだけ伸ばせるかというレースをしました。坂を使ってジワジワと進出して、4コーナーではいい手応えでしたが、勝ち馬が抜けていましたね。でも、次につながるレースはできたと思います」

3着 ファスナハト(C.ルメール騎手)
「まだ子どもです。でも、大きなストライドで走る馬です。4コーナーで一度スピードが落ちましたが、直線は盛り返してくれました。距離はもう少し長くても大丈夫です」

5着 クロークス(幸英明騎手)
「レースが上手な馬です。今日はゲートがもうひとつでしたが、次は問題なく出てくれると思います」