【メイクデビュー】(東京3R、4R)~ストロングバローズ、メイプルキングが勝利 [News]
2015/10/25(日) 13:55
東京3Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は1番人気ストロングバローズ(C.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分40秒0(良)。4馬身差の2着に9番人気スイートメロディー、さらに5馬身差の3着に3番人気ウォリアーズクロスが入った。

ストロングバローズは美浦・堀宣行厩舎の2歳牡馬で、父Mineshaft、母Chelsea Ballad(母の父Street Cry)。

~レース後のコメント~
1着 ストロングバローズ(C.デムーロ騎手)
「調教師から正攻法の競馬をしてほしいと言われていました。スタートよく、直線でも何もすることはありませんでした。かなり能力を持った馬です」

2着 スイートメロディー(嘉藤貴行騎手)
「攻め馬ではあまり動いていませんでしたが、本数はこなしていました。今日は相手が悪かったです。勝った馬が強すぎます。この馬もがんばっていました。いい馬です」

3着 ウォリアーズクロス(柴山雄一騎手)
「直線で止まってはいないのですが、いざ追い出してからの伸びがありませんでした。使って変わってきそうな感じはあります」


東京4Rのメイクデビュー東京(芝1400m)は10番人気メイプルキング(長岡禎仁騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒3(良)。3馬身半差の2着に6番人気クラウンアゲン、さらにクビ差の3着に2番人気フェイスが入った。

メイプルキングは美浦・高市圭二厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母イズミバード(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 メイプルキング(長岡禎仁騎手)
「芝の走りがいいですね。後方からのレースになりましたが、4コーナーを向いてすぐにハミをとってくれて、最後まで遊ばずにしっかり走ってくれました。距離もこのぐらいがよさそうです」

(高市圭二調教師)
「ここまでずっとじっくり乗り込んできました。ロジータの孫ですからね。道中は遊び遊びでしたが、いい内容でした。次走に関しては相談して決めます」

2着 クラウンアゲン(井上敏樹騎手)
「ゲートをポンと出て、好位につけられましたし、追ってからの伸びもよかったです。今日は勝ち馬が強かったです」

5着 ライムチャン(嘉藤貴行騎手)
「スタートはよかったのですが、位置がジリジリと下がっていきました。それでも勝ち馬の後ろから、勝ち馬と一緒にがんばって伸びてくれました。叩いて次はよくなると思います」