【室町S】(京都)~アドマイヤサガスが差し切りV [News]
2015/10/24(土) 16:44
京都11Rの室町ステークス(3歳以上オープン・ダート1200m)は12番人気アドマイヤサガス(国分恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6(良)。3/4馬身差の2着に4番人気カジキ、さらにアタマ差の3着に7番人気トキノゲンジが入った。

アドマイヤサガスは栗東・橋田満厩舎の7歳牡馬で、父フジキセキ、母ベルベットローブ(母の父Gone West)。通算成績は41戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤサガス(国分恭介騎手)
「流れに乗ってレースができました。併せる形になったら、いい勝負根性を発揮してくれました。ただ、レース後にアクシデントがありました。何もなければいいのですが......」

2着 カジキ(小牧太騎手)
「カラ馬の影響で、一完歩余分に追う感じになりました。その結果、りきんでしまいました。気がよすぎるところがありますね」

3着 トキノゲンジ(藤岡康太騎手)
「この馬の競馬に徹しました。脚もしっかり使っています。流れひとつでチャンスはありそうです」

4着 サウンドガガ(武豊騎手)
「いい形になったのですが、4コーナーから行きっぷりが怪しくなりました。まだ完調とまではいかないのでしょうか」

5着 サクラレグナム(菱田裕二騎手)
「本当はハナに立ってと思ったのですが、速い馬がいたので好位からのレースになりました。集中して走ってはいますが、決め手の差が出ましたね」