【アイビーS】(東京)~マイネルラフレシアがデビュー2連勝 [News]
2015/10/24(土) 15:38
東京9Rのアイビーステークス(2歳オープン・芝1800m)は4番人気マイネルラフレシア(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒4(良)。クビ差の2着に7番人気ユウチェンジ、さらに1馬身差の3着に3番人気ヒプノティストが入った。

マイネルラフレシアは美浦・高橋裕厩舎の2歳牡馬で、父ジャングルポケット、母フライングメリッサ(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルラフレシア(柴田大知騎手)
「何も言うことはありません。馬ごみで折り合うような、次を見据えたレースをしましたが、力まず上手に走っています。こちらのサインに瞬時に反応してくれましたし、余裕もありました。新潟で勝ったときも強いと思いましたが、今回はそれ以上に強いと思いました。もう少し馬体が増えてほしい面もありますが、先々が楽しみです」

2着 ユウチェンジ(戸崎圭太騎手)
「直線で不利を受けたのが痛かったです。ただ、競馬は上手ですし、終いは脚を使えます。まだ緩い馬で、もっとよくなりそうです」

3着 ヒプノティスト(柴田善臣騎手)
「先頭に立とうとすると手前を替えたり、まだ気持ちの面で難しいところがあります」

5着 アドマイヤビスタ(C.ルメール騎手)
「気難しい部分がありましたが、レースではリラックスしてくれました。直線の反応はよかったです。ただ、最後は同じペースになってしまいました。距離は少し長くて、マイルくらいの方がよさそうです」

6着 アメリカンヘブン(福永祐一騎手)
「イレ込んで発汗していました。乗ると乗りやすくなってくれるだけに残念でした。大きく負けていないのですが......」

7着 レプランシュ(内田博幸騎手)
「ゲートを出ませんでした。中団くらいという指示で、スタートから出していきました。それでも最後まで伸びていますし、これからでしょう」