【壬生特別】(京都)~ローレルベローチェが逃げ切る [News]
2015/10/24(土) 15:30
京都9Rの壬生特別(3歳以上1000万下・芝1200m)は5番人気ローレルベローチェ(中井裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒6(良)。1馬身半差の2着に2番人気モズハツコイ、さらにクビ差の3着に6番人気オヒアが入った。

ローレルベローチェは栗東・飯田雄三厩舎の4歳牡馬で、父サクラバクシンオー、母ヘイローフジ(母の父キングヘイロー)。通算成績は14戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ローレルベローチェ(中井裕二騎手)
「とにかくスムーズに自分のレースに持ち込めたことがよかったのだと思います。最近、普段の調教が難しかったので、それがどう出るかと思っていたのですが、いい意味で野性的なところが戻ってきたように思います。このパンパンの良馬場もよかったと思います。あとは無事に次に行ければと思います」

2着 モズハツコイ(C.デムーロ騎手)
「スタートもよく、しっかり力は出し切りました。この馬場もよかったと思います」

3着 オヒア(C.デムーロ騎手)
「返し馬でうまくガス抜きができて、今まででいちばんリラックスしてレースができました。本当はもう一列前につけたかったのですが、スムーズに運べて、直線では一呼吸追い出しを待つことができました。最後の脚はジリジリという感じでしたが、内容はよかったと思います」

4着 トウカイセンス(浜中俊騎手)
「前が止まらない流れの中、よく脚を使ってくれました」

5着 ウィットウォーター(太宰啓介騎手)
「スタートはそれほどではありませんでしたが、二の脚で楽に2番手からレースができました。外枠だったので、ロスの多い競馬になるより積極的に運んだことがよかったのだと思います」