【メイクデビュー】(京都4R、5R)~クリスタルタイソン、クラシックリディアが勝利 [News]
2015/10/24(土) 14:01
京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1400m)は4番人気クリスタルタイソン(川島信二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒9(良)。1馬身3/4差の2着に11番人気アリノマンボ、さらに2馬身半差の3着に1番人気ナオミベガスが入った。

クリスタルタイソンは栗東・荒川義之厩舎の2歳セン馬で、父ダイワメジャー、母ロッキーバッハ(母の父アジュディケーティング)。

~レース後のコメント~
1着 クリスタルタイソン(川島信二騎手)
「返し馬で子どもっぽいところはありましたが、レースでは素直に走ってくれましたし、センスを感じました。普段からもう少し大人になってくれれば、上のクラスでもやれるでしょう」

2着 アリノマンボ(花田大昴騎手)
「能力があることはわかっていましたし、クセもなく乗りやすい馬です。このくらいの距離でも、もう少し短くなってもどちらでもよさそうです。今日は勝った馬の脚が上でした」

3着 ナオミベガス(浜中俊騎手)
「最後は伸びてきましたが......。最初の芝の部分でつっぱって走っていました。おっとりしたタイプなので、使って気持ちが入ってきてくれればいいですね」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝1600m)は3番人気クラシックリディア(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒5(良)。3/4馬身差の2着に1番人気ヴィブロス、さらに半馬身差の3着に2番人気ピッツバーグが入った。

クラシックリディアは栗東・石坂正厩舎の2歳牝馬で、父ハービンジャー、母ブルーメンブラット(母の父アドマイヤベガ)。

~レース後のコメント~
1着 クラシックリディア(酒井学騎手)
「スタートが速いと聞いていましたし、乗った感じも気がよすぎる感じでしたから、内枠を生かして前々でレースをしました。3~4コーナーの少し馬場の緩いところでバランスを崩しましたが、それ以外はスムーズに走って、最後までしっかり脚を使いました。上手にレースをしましたし、レース前に思っていたよりもリズムよく走れました。距離も大丈夫だと思います」

2着 ヴィブロス(M.デムーロ騎手)
「スタートは速かったですが、道中は物見をする面がありました。直線に入ってスッと動けないところがありましたが、最後はしっかり走りました。あとは経験が必要なだけという印象です」

3着 ピッツバーグ(武豊騎手)
「調教よりレースでいい走りをする馬です。道中で外に逃げる感じはありましたが、ラストの走りはよく、素質を感じます」

4着 ホロスコープ(浜中俊騎手)
「まだトモが緩い分、前半はゆっくりとした感じでしたが、最後はいい伸び脚でした」

5着 ストーミーストーム(藤岡康太騎手)
「ゲートでびっくりする感じで少し遅れましたが、じっくりレースをさせると直線では反応よく伸びてくれました」