【菊花賞】栗東レポート~キタサンブラック [News]
2015/10/21(水) 16:52
 25日(日)に京都競馬場で行われる第76回菊花賞(GI)に出走するキタサンブラック(牡3、栗東・清水久詞厩舎)について、追い切り後関係者のコメントは以下の通り。

●キタサンブラックについて清水久詞調教師
「(今朝の)追い切りに関しては特に指示は出さず、前に馬を置いて、直線で併せて様子を見てとだけ伝えました。言うことなしですね。3000mを見据えて、ということはあまりせず、長めをじっくり乗ったくらいで、この馬なりの調教をここまでやってきました。

 セントライト記念は休み明けで、春先の良い頃にはなかなか戻らなかったのですが、よく頑張ってくれました。100パーセントには程遠かったですし、ここを無事に終えて次に、と思っていたくらいでしたから。1回使って普段からの行きっぷりも変わりましたし、調教の乗り手も(セントライト記念前とは)全然違うと言っていました。今回は、100パーセントに近いところに持ってこられたと思っています。

 競馬で引っ掛かることもないですし、普段の調教でも余計なことをしないのがいいですね。3000mもかかる心配をしなくていい馬ですから、こなしてくれると思います。今回も前走くらいの馬体重で出ることになると思いますが、成長分と捉えてもらって大丈夫です。3000mはスタートしてすぐに3コーナーで下りですから難しいコースですが、レースに関してはジョッキーにお任せするだけです。

 やはりいつかはGIを勝ちたいですし、今回もチャンスがあるはずです。(オーナーの北島三郎さんからは)『よろしくね』と、言われたのもいつも通りですし、全て任せてもらっています。三冠全てに出走できる馬に巡り合えましたし、僕もぜひ(オーナーに)歌って頂きたいなと思うので、頑張りたいです」

(共同会見より~取材:大関隼)