【菊花賞】美浦レポート~キタサンブラック(北村宏司騎手) [News]
2015/10/21(水) 15:34
 25日(日)に京都競馬場で行われる菊花賞(GI)に出走を予定しているキタサンブラック(牡3、栗東・清水久詞厩舎)について、騎乗予定の北村宏司騎手のコメントは以下のとおり。

―先週の栗東でどんな感触を
 前走の追い切りには乗らなかったんですけど、普段乗ってくれている黒岩騎手に前走後のことは聞いていて、ずいぶん素軽くなっていると聞いていて、どれくらい変わっているかを確認するイメージで乗ったんですけど、順調にきているなと思いました。

―春と比べて成長は
 身体はもともと体高があったのがさらに伸びて、幅が出てきたのが変わった部分かな、と思います。もともと冷静な馬なので、(精神面が)大きく変わったところはないと思います。

―前走を振り返って
 ちょっと気持ちも乗りすぎかな、というところはあったんですけど、レースの間隔が開いた部分もあるので、ある程度仕方ないかな、と思っていました。返し馬はスムーズに行きましたし、競馬も上手にスタートを切って、流れに乗って、リズム良く走っていました。ペースも遅かったので、よく伸びていましたけども、他の馬も脚が溜まっているだろうな、と思っていました。順調に前哨戦をクリアしてくれたので、本番も楽しみにしています。

―ダービーを振り返って
 スタンド前でエキサイトしていましたし、いつもスタートはいい馬ですけど、力が入っていた部分もあって、ちょっとずつ噛み合わないところがあったのかな、と思います。

―菊花賞ではどんなレースを
 落ち着けて、呼吸を合わせていければ、と思います。この時期、みんな初めての3000mになると思うので、他の馬がどんなリズムでいくのか読めないところもありますし、とにかく自分の馬とレースの流れを合わせていきたいと思います。

―距離に対しては
 こなせるかどうかは、スムーズに運んだときに、どれだけ脚が残っているのかということだと思うんですけど、どういう風に乗ったから距離が持つ、というのは難しいですが、(距離が)持つように乗ってみたいと思います。

―オーナーも含めてファンの多い馬ですが
 いつもオーナーには乗せてもらって、応援してもらってますので、期待に応えられるように頑張りたいと思います。