【メイクデビュー】(東京3R、4R)~シゲルキツネダイ、アーバンキッドが勝利 [News]
2015/10/18(日) 14:23
東京3Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は11番人気シゲルキツネダイ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒8(重)。3馬身差2着に2番人気フォルス、さらにアタマ差で3着に3番人気ファイナルコールが入った。

シゲルキツネダイは美浦・伊藤正徳厩舎の2歳牡馬で、父アドマイヤオーラ、母テイルオブロマンス(母の父Tale of the Cat)。

~レース後のコメント~
1着 シゲルキツネダイ(松岡騎手)
「無理すると突っ張って走るところがあるので、馬の気持ちを優先して無理せず運びました。テンのスピード乗りはあまり良くありませんでしたが、スピードが乗ってからは自分からハミを取ってくれましたし、いい末脚でした」

2着 フォルス(田辺騎手)
「攻め馬ではモタモタしていましたが、実戦向きだったということでしょうか」

3着 ファイナルコール(石川騎手)
「センスのいい馬ですが、砂を被って嫌がるところがありました。ハミを取り出したのは最後の最後でしたし、これから良くなってくると思います」

5着 マツリダインゴット(戸崎騎手)
「まだ子供です。それでも馬群から最後は伸びてきているので、このレースがいい経験になればいいです」


東京4Rのメイクデビュー東京(芝1600m)は1番人気アーバンキッド(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒6(良)。1馬身1/2差2着に3番人気ホウオウマリリン、さらに1馬身3/4差で3着に9番人気サンマリエッタが入った。

アーバンキッドは美浦・斎藤誠厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母コックニー(母の父Swain)。

~レース後のコメント~
1着 アーバンキッド(戸崎騎手)
「初戦から上手に走ってくれました。追ってからも奥がありそうでした。距離も問題ないと思います。優等生ですね」

(斎藤誠調教師)
「短距離で走ることは分かっていましたが、先々マイルまでこなして欲しいと思い、ここを使いました。ジョッキーも上手に乗ってくれましたし、落ち着いていましたし、流れに乗れて、内容も良かったですね」

3着 サンマリエッタ(松岡騎手)
「最後もよく粘っていましたし、頑張りました。平坦コースの方がいいかもしれません」

5着 ミラクルメーカー(田中勝騎手)
「まだハミをしっかり取れません。使ってからだと思います」

6着 ジュンキンカメ(北村宏騎手)
「他の馬に対して警戒心が強く、最初は怖がってブレーキを掛けていました。3コーナーで馬も慣れ、馬の間に入れましたし、その後はいいところがありました。切れる脚を使えそうですし、1回使ったことで慣れてくると思います」