【メイクデビュー】(京都3R、5R)~シンゼンスタチュー、マカヒキが勝利 [News]
2015/10/18(日) 14:00
京都3Rのメイクデビュー京都(ダート1200m)は2番人気シンゼンスタチュー(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒2(良)。クビ差2着に1番人気グランパルファン、さらに3馬身差で3着に8番人気アンペラールが入った。

シンゼンスタチューは栗東・飯田祐史厩舎の2歳牡馬で、父スタチューオブリバティ、母ジーエスレインボー(母の父トーヨーレインボー)。

~レース後のコメント~
1着 シンゼンスタチュー(太宰騎手)
「スタートがもう一つという感じでしたが、外枠でうまくリカバリー出来ました。前の馬をつかまえる位置につけて、追ってからはいい脚を使ってくれました。これくらいの距離が合っています」

2着 グランパルファン(ルメール騎手)
「若く、行きたがるところがありますが、スタートも良く、スピードも豊かです。今日は本当に頑張ってくれました」

3着 アンペラール(松山騎手)
「切れるタイプではないので、自分から動ける位置からレースをしました」

4着 エーティーチャンプ(四位騎手)
「初戦なのでまだイヤイヤ走っていましたが、最後は脚を使っています。使いつつ良くなってきそうです」

5着 メイショウコッコ(国分優騎手)
「他馬を気にするところがあり、今日はゲートはあまり良くありませんでしたが、スピードがあります。レース慣れしてくればと思います」

10着 ロングブリオ(幸騎手)
「スタート良く、二の脚もいいモノがあります。3コーナーまではいい感じだったのですが...。最後は気難しさが出たのかもしれません」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は1番人気マカヒキ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒7(良)。2馬身1/2差2着に2番人気エンヴァール、さらに1馬身差で3着に4番人気インディーズルアーが入った。

マカヒキは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母ウィキウィキ(母の父フレンチデピュティ)。

~レース後のコメント~
1着 マカヒキ(M.デムーロ)
「すごく強い馬です」

(友道康夫調教師)
「まだまだ余裕ある体でしたが、調教の動き通りの言うことのないレースでした。競馬場に着いてからも落ち着いていましたし、2歳馬ばなれしています。時計も優秀で、大きなレースを狙える器だと思っています」

2着 エンヴァール(ルメール騎手)
「とてもいい馬です。少し引っ掛かる面があるようなので、今日は競馬を勉強させながらレースをしました。リラックスして走って、最後はいい脚で伸びましたが、今日は勝ち馬が強すぎました。距離に問題はありません。次は勝てるでしょう」

5着 ピットボス(浜中騎手)
「まだまだ子供っぽい面が全面に出ています。これから前向きさが出てくればいいですね」

6着 ドンボラーレ(福永騎手)
「初戦としては上手に走っていましたが、まだ体力がついてきていません。これから良くなっていく馬です」