【清水S】(京都)~タガノエトワールが3勝目を挙げる [News]
2015/10/17(土) 16:32
京都11Rの清水ステークス(3歳以上1600万下・芝1600m)は2番人気タガノエトワール(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒0(良)。半馬身差の2着に1番人気ドラゴンストリート、さらにクビ差の3着に8番人気ブレークビーツが入った。

タガノエトワールは栗東・松田博資厩舎の4歳牝馬で、父キングカメハメハ、母シーサイドブリーズ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は12戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 タガノエトワール(川田将雅騎手)
「スムーズなレースができました。全体的に動きがよくなり、左に動く感じもマシになりました。まだよくなりそうです」

2着 ドラゴンストリート(福永祐一騎手)
「自分の持ち時計は詰めているのですが......。前へ行ける馬ではありませんし、勝ち馬とはレースの巧拙の差が出た形です。確実に終いの脚を使えるようになっていますし、これからよくなっていく馬です」

3着 ブレークビーツ(池添謙一騎手)
「狭いところをよく抜け出てきました。スタートのときにトモが下がって、出てからは両側から閉められて位置が後ろになりました。もう一列前のポジションがとれればよかったのですが......」

4着 ピークトラム(小牧太騎手)
「絶好のポジションがとれて、直線ではうまく前にスペースができて、突き抜ける感じでした力はあります」

7着 フォーチュンスター(松山弘平騎手)
「いいレースができていたのですが、直線の不利がすべてです」