【紫菊賞】(京都)~シルバーステートが断然人気に応える [News]
2015/10/17(土) 15:41
京都9Rの紫菊賞(2歳500万下・芝2000m)は1番人気シルバーステート(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒2(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気ジョルジュサンク、さらに2馬身差の3着に2番人気パールフューチャーが入った。

シルバーステートは栗東・藤原英昭厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母シルヴァースカヤ(母の父Silver Hawk)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 シルバーステート(福永祐一騎手)
「まだ体は太い感じで、ここを使ってよくなる感じでした。そんな感じで勝ち切ってしまうのですから、能力がありますね」

(藤原英昭調教師)
「ペースがスローになると思っていたので、ある程度前へ行くよう指示しました。いい内容のレースだったと思います。まだいろいろ課題があり、様々なことに慣らす時期ですが、体重が増えていたようにいい成長曲線を描いています。東京スポーツ杯2歳Sが当面の目標のレースです」

2着 ジョルジュサンク(松山弘平騎手)
「早めにセーフティーリードをとって、何とか残れないかと思いましたが、今日は勝った馬が強かったですね」

3着 パールフューチャー(川田将雅騎手)
「1コーナーまで少し力んで走っていましたが、その後はリラックスして走りました。早め早めに動くレースをしました。新馬戦を勝ってから間隔があいていましたし、次は変わると思います」

4着 アグネスヒーロー(幸英明騎手)
「ゲートを出て行かず、位置取りが後ろになりました。直線では伸びたのですが、遅い流れの今日のレースだと後ろからは届きませんね」

7着 ラハトケレブ(浜中俊騎手)
「もう少しやれると思ったのですが、途中からついて行けませんでした」