【メイクデビュー】(京都4R、5R)~ドライバーズハイ、レイリオンが勝利 [News]
2015/10/17(土) 14:10
京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1800m)は3番人気ドライバーズハイ(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒2(良)。2馬身差の2着に6番人気ハギノグランコート、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気アナザヘヴンが入った。

ドライバーズハイは栗東・高橋亮厩舎の2歳牡馬で、父カジノドライヴ、母ポレモス(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 ドライバーズハイ(太宰啓介騎手)
「練習のときと同じく、スタートはゆっくりでした。新馬戦なので、外々を気分よく走らせました。3コーナーからの反応がよく、追ってからの反応もよかったです。まだ体が緩いので、これからもっとよくなってくると思います」

3着 アナザヘヴン(福永祐一騎手)
「スタートはいまひとつでした。首を突き出して嫌がって走っていましたが、だんだん道中で慣れてきていました。手応えが悪かったので、外に出して早めに動きました。手応えが悪いなりに最後まで走っていました。使ってよくなるタイプだと思います」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝1200m)は3番人気レイリオン(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒2(良)。半馬身差の2着に2番人気エテ、さらに3馬身半差の3着に5番人気ナリノクインビーが入った。

レイリオンは栗東・安田隆行厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母リリサイド(母の父American Post)。

~レース後のコメント~
1着 レイリオン(和田竜二騎手)
「返し馬からいい感触でしたし、トビが綺麗なので京都の芝ならやれると思っていました。期待以上の走りをしてくれましたね。外から来られるともう一回反応してくれました。あとはこのテンションのままでいってくれればと思います」

3着 ナリノクインビー(川田将雅騎手)
「前半少しついて行けなかったのですが、直線はいい脚を使ってくれました。いい内容で走ってくれました」

4着 ライラムーン(浜中俊騎手)
「新馬ですから多少物見をしていましたが、問題ない範囲でした。ちょっと走りが硬めなので、ダートの方が合っているかもしれません」