【メイクデビュー】(東京4R、5R)~モーゼス、アグレアーブルが勝利 [News]
2015/10/17(土) 14:02
東京4Rのメイクデビュー東京(芝1400m)は4番人気モーゼス(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒1(稍重)。クビ差の2着に3番人気ゴルゴバローズ、さらに3馬身差の3着に2番人気クレーデリンテが入った。

モーゼスは美浦・大江原哲厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母チャールストンハーバー(母の父Grindstone)。

~レース後のコメント~
1着 モーゼス(柴田善臣騎手)
「走りましたね。安心しました」

(大江原哲調教師)
「直線に向いて、どこで弾けるかと思って見ていましたが、なかなか弾けないので焦りました。最後は能力で交わしてくれましたね。次走は京王杯2歳Sかデイリー杯2歳Sのどちらかに向かいます。まだまだ子どもでこれからの馬です」

2着 ゴルゴバローズ(北村宏司騎手)
「待って待って、ゆっくり追い出して行ったのですが......。でも、この馬自身は冷静に走れていましたし、控えても大丈夫です」

3着 クレーデリンテ(C.ルメール騎手)
「距離が少し短かったです。1600mの方がいいと思います」

4着 スワンナプーム(柴田大知騎手)
「調教ではそんなに動けていませんでしたが、がんばりました。使ってよくなると思いますし、現状でこれだけ走るのですから、楽しみです」

6着 ブラウンキャビア(M.デムーロ騎手)
「テンションが高く、スタートで失敗しました。でも、よくがんばりました」


東京5Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は1番人気アグレアーブル(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒2(稍重)。1馬身1/4差の2着に2番人気キングオブアームズ、さらに1馬身半差の3着に7番人気ウインシンフォニアが入った。

アグレアーブルは美浦・斎藤誠厩舎の2歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母プリティカリーナ(母の父Seeking the Gold)。

~レース後のコメント~
1着 アグレアーブル(岩田康誠騎手)
「GI馬になれるぐらいの器で、まだまだ奥があります。大人すぎて、落ち着いています」

(斎藤誠調教師)
「少しヒヤヒヤさせる勝ち方でしたが、岩田騎手は『余裕だった』と言っていました。走りがバタバタしている感じで、追い切りでもそのような感じです。フットワークがしっかりしてくれば無駄なく走れると思いますが、そのような状態でも勝てたのでホッとしました。次は岩田騎手で東京スポーツ杯2歳Sに行きたいです」

2着 キングオブアームズ(北村宏司騎手)
「調教を積んで、不安はなかったのですが、まだ強く追っていませんでしたからね。調教の感じから、まだまだ上積みはあると思います」

3着 ウインシンフォニア(松岡正海騎手)
「切れ味を生かす競馬をしようと思いましたが、今日はこの馬のよさを出すことができませんでした。3着でしたが、次につながる内容ではありませんでした」

4着 スウィフトレイド(C.ルメール騎手)
「まだ子どもです。距離は2000mの方がいいかもしれません」

6着 ミライヘノツバサ(内田博幸騎手)
「ジリジリという感じでしたが、がんばって走っています。ゲートは出ませんでしたが、乗りやすい馬です」