【秋華賞】栗東レポート~ミッキークイーン [News]
2015/10/15(木) 16:43
 18日(日)に京都競馬場で行われる第20回秋華賞(GI)に出走するミッキークイーン(牝3、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●ミッキークイーンについて池江泰寿調教師
「ローズSは出遅れて後方からになって、あの位置からでは厳しかったですね。それでも直線なかばでは差し切れるかなと思いましたが、伸びが鈍ったのは久々の分や、良馬場発表でもちょっと重くなっていた馬場の影響もあったのでしょう。

 ひと叩きして良くなっていますし、今朝はCウッドコースでさらっと流す程度でしたが、前走より体調もアップしている印象です。今度は京都内回りですし、ゲート次第でしょうね。他にも色々とありますが、スタートは大きなファクターでしょう。(対策は)ストレスをためないようにしてやってきました。前回は期待を裏切ってしまいましたが、今度はしっかり期待に応えて、二冠を取らせたいですね。自信はあります。楽しみにしています」


●ミッキークイーンについて浜中俊騎手
「ローズSは出遅れて最後方からになりましたが追い上げて2着まで来ましたし、秋初戦を無事に終えられてよかったと思いました。秋初戦としては順調に使い出せたのではないでしょうか。

 いつも馬体重が気になる馬ですが、夏を越えてふっくらしてきましたし、飼い食いも安定しているようですから成長を感じます。京都の内回りは器用さが求められますし、スタートがカギになるでしょう。前回のような競馬では厳しいので、五分にゲートを出て流れに乗りたいですね。スタートが良ければ中団くらいで、とは考えています。

 一生懸命走ってくれて、それでいて無駄な力を使わないですし、安定しているのがこの馬の強みなので良い結果に繋げたいですね。当然、二冠を取れればと思っていますし、この馬の走りを僕がしっかりエスコートしてあげたいと思っています」

(共同会見より~取材:大関隼)