【秋華賞】美浦レポート~クインズミラーグロ [News]
2015/10/14(水) 16:23
 18日(日)に京都競馬場で行われる第20回秋華賞(GI)に登録をしているクインズミラーグロ(牝3、美浦・和田正道厩舎)について、和田正道調教師と騎乗予定の吉田豊騎手のコメントは以下の通り。

・和田正道調教師
(前走の紫苑ステークス1着を振り返って)
「本当に良い競馬だったと思います。切れましたね」

(前走後の調整について)
「そのまま在厩で、少しゆったりさせました。それからまた調整し直して、やってきました」

(ポリトラックコースでの一週前追い切りについて)
「予定通りの時計で、しっかりと追えていました。動きも良かったです」

(同じコースでの最終追い切りについて)
「指示した時計よりは速かったですが、良い動きだったと思います」

(未勝利を勝ってからは連対を外していない)
「元々期待をされていた馬ですが、体がやや伴わないところがありました。最近になって、ようやくエンジンがかかってきたところです。
 成長といいますか、しっかりしてきました。これから先、もっとしっかりしてくるとは思いますが。
 疲れはないですね。元気いっぱいです」

(今回のレースについて)
「内回りの2000mは、基本的に先行馬有利ですが、先週を見ると、けっこう差しが決まっています。競馬の流れ一つですね。一概には言えません。姿勢としては、春の実績馬に胸をお借りするということです。どうこう考えても仕方がありませんから、乗り役さん任せで、レースの流れをよんで、競馬をしてもらえれば良いと思います」


・吉田豊騎手
(出走権を獲得した紫苑ステークスを振り返って)
「新潟で2回乗せてもらって、最後の切れ味があるのは分かっていました。初めての2000mで、道中上手く折り合えればなと思っていたのですが、上手く折り合っていました。予想以上の良い脚だったと思います。
 本当に乗りやすく、最後の脚はいかにも牝馬らしい切れ味があります。良い感じだと思います」

(今回のレースについて)
「枠も決まっていないので、何とも言えませんが、強い馬と戦うのは初めてです。道中はあまりロスなく、馬ごみで上手く脚を溜めて、直線ではどこかで捌いていきたいです。
 GIで強いメンバーですし、京都の2000mはトリッキーなコースだと思います。そういう意味では、この馬は上手に競馬ができるので、何とかその差を詰められればなと思っています。
 状態は良いというふうに調教師からは聞いています。何とか頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)