【秋華賞】美浦レポート~キャットコイン [News]
2015/10/14(水) 16:21
 18日(日)に京都競馬場で行われる第20回秋華賞(GI)に登録をしているキャットコイン(牝3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)について、二ノ宮敬宇調教師と騎乗予定の柴田善臣騎手のコメントは以下の通り。

・二ノ宮敬宇調教師
(春のクラシックでの戦いぶりについて)
「キャットコインには向いていないようなレースだったので、少しかわいそうという感じもしました。競馬ですから、いろいろとゲートのこととか、少し消化不良でした」

(前走後の調整について)
「すぐ牧場に持っていって、馬体を回復させることが第一でした。トライアルを使うと、間隔的にも、回復途上の間にレースを使わなければいけないのではないかということで、ゆっくり乗り出して、体重を増やしながら、調教を積んできました。
 もう少し回復が早ければ使えたかもしれませんが、今年だけではないので、そういうことも含めて、本番一本と決めさせてもらいました」

(ポリトラックコースでの最終追い切りを振り返って)
「夏場はずっと楽をさせて、ローズステークスも使わずに、ここを目標に階段を上がってきました。(柴田善臣騎手には)先週も乗ってもらいましたが、今週もう一回乗ってもらいました。少し息を作ってやっていこうかというように感じたので、今日は併せ馬で、前に馬を置いて、終いはどのくらいの感触で、馬が出来上がっているのかということを感じてもらいました。意外と体も減っていないですし、良い感じで追い切りができたかなと思っています。
 馬体重の増減が激しい馬なので、そこだけを気にしていました。精神的にもだいぶ慣れてきたので、日々の仕草も落ち着いてきて、やりやすくなってきました」

(春と比べて馬の成長は?)
「先ほど騎手と話したのですが、以前よりはしっかりとしてきました。トモが少し緩い馬だったのですが、だんだんと良くなってきて、精神的にも落ち着いてきた感じはします」

(長距離輸送について)
「桜花賞の時は、早めに栗東に滞在させてもらいました。今回は前日の輸送になります。競馬場へ降りてきますと、少しうるさいものですから、前日に行こうということになりました。輸送はそれほど下手ではないので、心配はしていません。春は幼いところがあったので、そのような経験をさせてもらいましたが、今回は直前に輸送することに決めさせてもらいました」

(京都の芝2000mについて)
「調教でも折り合いがつく馬なので、騎手の指示に上手く従ってくれます。控えた時の馬の姿勢も良いです。ロスなく回れるかなと思っていますので、距離についての心配はしておりません。
 (レース運びは)騎手が判断するものです。百戦錬磨の騎手ですから、それを信じて任せます。
 春に比べても、非常に良い状態になっていると思います。この馬に合ったレースをさせて、無事に走ってもらいたいです」


・柴田善臣騎手
(春のクラシックを振り返って)
「元々体の細い馬ですが、栗東輸送などがあって、その頃から体がもっと細くなって、貧弱に見えたのが、レースの結果に出ていました。オークス時は、もう気性的にも前向きなところがなく、レース自体が嫌だなという感じの動きでした。その辺を考えれば、今は調教に乗った感じは良かったです」

(ポリトラックコースでの一週前追い切りについて)
「体のことを考えて、控えめのスケジュールになりました。それもあってか、息の入りも悪く、少し足りないかなという感じでした」

(同じコースでの最終追い切りについて)
「先週やった分もありますし、今日は先週よりも速い時計になりましたが、感じとしては良かったです。先週の稽古を終えた後の息遣いよりも、先週よりきついメニューの今日の方がまだ息遣いは良かったです。
 オークスを使った頃よりは、体が増えているように思いました。丸みがあって、乗った感じでは、良い休養だったのではないでしょうか」

(この馬の良さは?)
「何でしょうか・・・。普段はうるさくて、もう神経を使わせる馬です。しかし、レースではきっちりと力を出してくれます。力がある馬だと分かっているので、それを楽しみにしたいです」

(今回のレースについて)
「コースの形状としては、特に小回りのトリッキーなコースではありません。普通に馬のリズムを崩さずにレースを運べれば、それなりに力は出せるのではないでしょうか。
 夏に力を付けてきた馬、本格化に近づいてきた馬もけっこういます。僕の馬自身も春に力のあるところを見せていました。その状態をピークに持っていけるかどうかの戦いになると思います。
 レース当日どんな雰囲気になるか、またスタートがどのくらい出るのか、その状況状況で上手く馬をレースの流れに乗せてあげたいです。
 春のクラシック当時は、少し状態自体が落ちている感じでした。休みを挟んで、体もかなりふっくらして、気持ちもリフレッシュできたみたいです。期待はしていますから、頑張りたいです」

(取材:米田元気)