【オパールS】(京都)~ビッグアーサーがあっさり抜け出す [News]
2015/10/11(日) 16:51
京都11Rのオパールステークス(3歳以上オープン・芝1200m)は1番人気ビッグアーサー(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分06秒7(良)。3馬身差の2着に10番人気マコトナワラタナ、さらに1馬身差の3着に8番人気ウイングザムーンが入った。

ビッグアーサーは栗東・藤岡健一厩舎の4歳牡馬で、父サクラバクシンオー、母シヤボナ(母の父Kingmambo)。通算成績は7戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ビッグアーサー(藤岡康太騎手)
「開幕週ということで、スタートが決まったことも大きかったですね。とにかく能力を信じて、自信を持ってレースに臨みました。強いレースをしてくれました。このあとはとにかく順調にいってもらいたいです」

2着 マコトナワラタナ(酒井学騎手)
「出たなりのところからリラックスさせてレースができました。うまく流れて、直線どれだけ伸びるかという感じでしたが、しっかり伸びてくれました。ただ、今日は勝ち馬が強かったですね。条件が合えば走る馬です」

3着 ウイングザムーン(秋山真一郎騎手)
「もともと能力が高く、このクラスでも十分やれる馬です。現状では京都芝1200mが合っています」

4着 ネロ(浜中俊騎手)
「スピードを生かしたレースはできたのですが......」

5着 ミッキーラブソング(小牧太騎手)
「脚を余してのレースになってしまいました。枠順に左右されるんですよね。もう少し内だったら......。かなり出していったのですが、ポジションが後ろになってしまいました。今は1400mの方がいいかもしれません」