【毎日王冠】(東京)~エイシンヒカリが逃げ切りV [News]
2015/10/11(日) 16:45
東京11Rの毎日王冠(3歳以上GII・芝1800m)は1番人気エイシンヒカリ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒6(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気ディサイファ、さらにクビ差の3着に7番人気イスラボニータが入った。

エイシンヒカリは栗東・坂口正則厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母キャタリナ(母の父Storm Cat)。通算成績は9戦8勝。

~レース後のコメント~
1着 エイシンヒカリ(武豊騎手)
「いい感じで走ってくれました。今までのメンバーとは違うのでどうかなと思いましたが、馬の状態もよく、スタートも上手に出てくれました。道中かかるかと思いましたが、折り合いもつきました。今日もイレ込みがきつく、成長はあまり感じられませんでしたが、レースではまっすぐ走りましたし、力はつけています。天皇賞(秋)は距離がいちばん問題でしょうし、楽なレースはできないと思います。条件的にきついので、もう一段階強くなっていかないといけませんね。今日は次につながる勝利だと思います」

2着 ディサイファ(四位洋文騎手)
「道中はロスなくいけました。しかし、逃げ馬をつかまえきれませんでした。仕方がありません。それでも、去年とは競馬の内容が違いますし、馬もたくましくなっています」

3着 イスラボニータ(蛯名正義騎手)
「一応、格好はついたと思います。次に向けてもう少しリラックスできるといいでしょう。今日はゲートでめずらしくジャンプスタートしていました。使えばよくなると思います」

4着 ダノンシャーク(岩田康誠騎手)
「もう少し折り合えていればよかったのですが......。1800mでこれだけのパフォーマンスができたので、次の京都のマイルでは期待できると思います」

6着 アンビシャス(M.デムーロ騎手)
「久しぶりでスタートが悪くなりました。よく伸びてくれましたが、メンバーが強かったです」

(音無秀孝調教師)
「ゲートで躓いてしまい、どうしようもありませんでした。出遅れと同じです。今後は考えないといけません。いつもはトップスタートを切るくらいなのですが......」

8着 クラレント(三浦皇成騎手)
「ゲートのタイミングがよくなくて、前もカットされました。不完全燃焼です」

9着 ヴァンセンヌ(松永幹夫調教師)
「結果は残念でしたが、いい競馬をしてくれました。春の感じと比べるといまひとつかなとは思っていましたが、やっぱりそうかという感じです。一回使って変わってくれればいいですね」

10着 スピルバーグ(北村宏司騎手)
「ゲートの出は普通でしたが、なかなか行き脚がつきませんでした。このペースにしては、直線で追い出しているのに追いつけませんでした。外側に出してもスイッチが入りませんでした。調教を積んで、状態は悪くなかったのですが、気持ちの方が伴っていませんでした。次でまた巻き返せるようにがんばります」