【テレビ静岡賞】(東京)~レッドファルクスが直線抜け出す [News]
2015/10/11(日) 15:54
東京10Rのテレビ静岡賞(3歳以上1600万下・ダート1400m)は4番人気レッドファルクス(吉田豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒2(稍重)。クビ差の2着に6番人気ノウレッジ、さらにクビ差の3着に7番人気キタサンミカヅキが入った。

レッドファルクスは美浦・尾関知人厩舎の4歳牡馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母ベルモット(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は11戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドファルクス(吉田豊騎手)
「初騎乗でしたが、条件は合うと聞いていました。瞬時に反応できないので、内枠から出せれば出していきたいと思っていて、うまく外へ出していけました。思い描いた通りの乗り方ができました」

2着 ノウレッジ(蛯名正義騎手)
「よくがんばっています。東京の1400mが合っています」

3着 キタサンミカヅキ(武士沢友治騎手)
「いい感じでレースを覚えてきました。このクラスで安定していますし、1400mも大丈夫です。メンバーと展開次第ではないでしょうか」

4着 アジアンテースト(岩田康誠騎手)
「力があります。今後大きいところを狙うにはいろいろなレースができた方がいいでしょう。前半は息を入れられて、爆発するところはして、一本調子にならないようにしたいです。ハナへ行く脚も自在性もあります」

5着 アンズチャン(三浦皇成騎手)
「ペースが遅すぎました。馬はよくなっていますし、伸びているのですが、4コーナーで勝負がついていました」