【りんどう賞】(京都)~ウインミレーユがゴール前で差し切る [News]
2015/10/11(日) 15:41
京都9Rのりんどう賞(2歳500万下・牝馬・芝1400m)は1番人気ウインミレーユ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒1(良)。ハナ差の2着に2番人気メジェルダ、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気タガノヴィアーレが入った。

ウインミレーユは栗東・梅田智之厩舎の2歳牝馬で、父ステイゴールド、母アラームコール(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ウインミレーユ(池添謙一騎手)
「自分からスイッチを入れるようなところがある馬ですが、今日は馬なりでレースができました。うまく内に入れたらハミが抜けて、直線はモタれながらも伸びてくれました。少し乗り難しいところもありますが、いいものを持った馬です」

2着 メジェルダ(古川吉洋騎手)
「休み明けでしたが、外回りの1400mを上手に走ってくれました。結果が出なかったことは残念ですが、力は見せてくれましたし、次につながるレースができたと思います」

3着 タガノヴィアーレ(幸英明騎手)
「4コーナー手前で窮屈になってしまいました。そこがスムーズなら、もっと場に来れたと思います」

4着 アラモアナワヒネ(松山弘平騎手)
「スタートよく、楽に2番手からレースができました。追い出してからも伸びていました」