【メイクデビュー】(東京4R、5R)~サンヘレナ、クィーンズベストが勝利 [News]
2015/10/11(日) 13:41
東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は11番人気サンヘレナ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒9(稍重)。クビ差の2着に1番人気アジュールローズ、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気トッコディルーチェが入った。

サンヘレナは美浦・天間昭一厩舎の2歳牝馬で、父パイロ、母クーニャン(母の父ジャングルポケット)。

~レース後のコメント~
1着 サンヘレナ(松岡正海騎手)
「トモのハマリだけが心配でしたが、スタートがよく、中団でスムーズに運べました。考えていた通り、早めに抜け出してしのぐ形にもっていきましたが、余裕もありましたし、結果的に併せる形でもよかったかもしれません。時計が速く、内容のあるレースでした。ダート向きです」

2着 アジュールローズ(柴山雄一騎手)
「前半は進んでいきませんでした。なかなかエンジンがかからず、ジワジワという伸びでしたが、終いは脚を使っていたし、すぐにチャンスが来るでしょう」

8着 シャインプラチナム(福永祐一騎手)
「まだズブくて追い通しです。まだ気がありませんが、いい馬ですし、変わってくると思います」

9着 タケルアロー(C.ルメール騎手)
「スタートは速かったのですが、追走が忙しかったです。まだ馬が若いです」

10着 ワンダーウノ(四位洋文騎手)
「砂をかぶって、リズムがバラバラになってしまいました。慣れれば走ってくる馬です」


東京5Rのメイクデビュー東京(芝2000m)は2番人気クィーンズベスト(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒5(稍重)。3/4馬身差の2着に1番人気ウムブルフ、さらに1馬身1/4差の3着に7番人気ジャガンツが入った。

クィーンズベストは栗東・大久保龍厩舎の2歳牝馬で、父ワークフォース、母ラスティングソング(母の父フジキセキ)。

~レース後のコメント~
1着 クィーンズベスト(岩田康誠騎手)
「今日は出たなりでハナに行きました。追い切りでいい感触をつかんでいました。馬の気持ちに逆らわずレースをさせましたが、素質は光るものがあります」

2着 ウムブルフ(C.ルメール騎手)
「ペースも遅くて、前の馬は楽でした。2着に終わりましたが、この馬もよくがんばっていると思います。折り合いも大丈夫でした」

6着 ステイパーシスト(M.デムーロ騎手)
「初戦で、まだワガママです。使ってよくなるでしょう」

11着 フサリア(武豊騎手)
「気が小さくて、いろんなことを怖がっていました。慣れが必要です」