【サウジアラビアRC】(東京)~ブレイブスマッシュがハナ差V [News]
2015/10/10(土) 16:41
東京11Rのサウジアラビアロイヤルカップ(2歳重賞・芝1600m)は4番人気ブレイブスマッシュ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒2(良)。ハナ差の2着に1番人気イモータル、さらにクビ差の3着に2番人気アストラエンブレムが入った。

ブレイブスマッシュは美浦・小笠倫弘厩舎の2歳牡馬で、父トーセンファントム、母トーセンスマッシュ(母の父トウカイテイオー)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ブレイブスマッシュ(横山典弘騎手)
「抜け出してから一頭になるとフワフワするところがありますが、馬群から離れてしまい、遊ばれてしまいました。それでもいい脚でした。まだまだの馬かなと思いながら、札幌の勝ち方がよかったです。今日は若干状態が上向いてトモの返りもよくなっていて、どんなレースをするかと思いましたが、いいレースでした。今後も期待されるのは嬉しいですが、馬あってのことですから、今後は楽をさせてあげたいですね。オーナーや調教師と相談して、ゆっくりと育てていきたいです」

2着 イモータル(須貝尚介調教師)
「窮屈なところがありました。最後はいけるかなと思いましたが、もったいなかったです。ただ、賞金は加算しているので、春までに逆算して馬の様子をみていきたいです」

(戸崎圭太騎手)
「直線でもう少しスムーズに走らせてあげられればよかったです。一度切り替えてからもよく伸びていますし、強いと思います」

3着 アストラエンブレム(浜中俊騎手)
「ゲートの駐立では暴れていました。出負けしたので、馬のリズムで行こうと思い、いいリズムで行けました。初めて乗ったのでわかりませんが、気性的にから元気なところがあります。そんな中でも上位に来る力はあります」

(小島茂之調教師)
「厩舎でも装鞍所でも落ち着いていました。しかし、ゲートではテンションが高かったです。そのあたりの課題を修正していきたいです。負けましたが、力はあります。力が拮抗しているので、もう1回やったらわからないぐらいのメンバーです。東京を経験できたのはよかったです」

4着 リセエンヌ(蛯名正義騎手)
「いいレースをしています。まだまだよくなりそうな感じがあります。気持ちが入りすぎてきていますが、折り合ってベストポジションをとれました。ゲートの裏などでもっとリラックスできればと思います。センスのいい馬で、いいフットワークをしています」

5着 ハレルヤボーイ(北村宏司騎手)
「勝ち馬を目標にしていましたが、先に手が動く形になりました。でも、同じくらい伸びていますし、今日は追いつきませんでしたが、いい走りをしています」

6着 シトロン(嘉藤貴行騎手)
「逃げたかったのですが、周りが速くて行けませんでした。3番手で折り合いはバッチリでしたし、力をつけています。最後までがんばっています」

7着 トウショウドラフタ(吉田豊騎手)
「距離でしょうか......。勝てると思ったところから止まってしまいました」