【愛宕特別】(京都)~テイエムグンカンが逃げ切る [News]
2015/10/10(土) 15:19
京都9Rの愛宕特別(3歳以上1000万下・ダート1800m)は7番人気テイエムグンカン(田中健騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒0(良)。クビ差の2着に6番人気ヒデノインペリアル、さらに3/4馬身差の3着に3番人気アドマイヤランディが入った。

テイエムグンカンは栗東・木原一良厩舎の3歳牡馬で、父カネヒキリ、母ケージービューティ(母の父Private Account)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 テイエムグンカン(田中健騎手)
「スタートがよく、行けそうだと思ったので行きました。道中びっしり来られて厳しいところもありましたが、それでも息が入らないということはありませんでした。最後までよくがんばってくれましたね」

2着 ヒデノインペリアル(武豊騎手)
「1~2コーナーで少しかかるところがありましたが、さすがに力のあるところを見せてくれました」

5着 スワーヴカイザー(小牧太騎手)
「2コーナーで前が競っていたので控えていきましたが、少し考えすぎたのかもしれません。1800mは忙しい感じがします」

6着 ダイナミックウオー(福永祐一騎手)
「スムーズな競馬はできましたが、少し馬に硬さが出てきたようです。1800mも気持ち長く、1700mがベストだと思います」