【メイクデビュー】(京都4R、5R)~オーマイガイ、シンハライトが勝利 [News]
2015/10/10(土) 13:59
京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1400m)は4番人気オーマイガイ(岩崎翼騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒2(良)。3馬身差の2着に9番人気キクノレジェ、さらにクビ差の3着に8番人気ダンツエンペラーが入った。

オーマイガイは栗東・河内洋厩舎の2歳牡馬で、父パイロ、母リスティアアスリー(母の父スピニングワールド)。

~レース後のコメント~
1着 オーマイガイ(岩崎翼騎手)
「調教から乗って良い感触でしたし、自信を持って乗りました。逃げようかなと思っていましたが、他に速い馬がいたので控える形になりました。それでも馬群の中でも怖がることなく、追ってからもいい伸びでしたね。今日のような競馬ができたことは収穫ですし、かかる馬でもないのでもう少し距離が延びても大丈夫でしょう」

(河内洋調教師)
「馬群の内に入っても怖がりませんでしたし、いい勝ち方ができたと思います。距離は1600mくらいまででしょうか。このあとのことは様子をみてから決めようと思います」

2着 キクノレジェ(岩田康誠騎手)
「まだ走り方を知らない感じでした。今日動いて次はもっとよくなると思います」


京都5Rのメイクデビュー京都(牝馬・芝1600m)は1番人気シンハライト(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒3(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気オウケンビリーヴ、さらに1馬身3/4差の3着に2番人気リボンフラワーが入った。

シンハライトは栗東・石坂正厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母シンハリーズ(母の父Singspiel)。

~レース後のコメント~
1着 シンハライト(池添謙一騎手)
「とにかくレースセンスが抜群ですね。芝コースでこんなに柔らかいフットワークの馬は久々です。スタートはもうひとつと聞いていましたが、普通に出てくれたので好位からになりました。着差はそれほどではありませんでしたが、まだまだ余裕がありそうです。楽しみです」

(石坂正調教師)
「姉のリラヴァティに似ています。小ぶりですが、しっかり身体はできていましたからね。次走は未定です」

2着 オウケンビリーヴ(岩田康誠騎手)
「クセもなく、いい馬です。すぐにチャンスが来るでしょう」

3着 リボンフラワー(C.ルメール騎手)
「乗りやすい馬です。まだ緩いところがありますが、ラストはいい反応でした。もう少し距離が長い方がいいかもしれません」

4着 アリアカンタービレ(武豊騎手)
「ゲートが開いて、一歩目は遅かったのですが、内枠ということで、いい位置からレースができました。直線はいい手応えでしたが、決め手の差が出ましたね。でも、いい走りをする馬でチャンスはありそうです」