【サウジアラビアRC】美浦レポート~アストラエンブレム [News]
2015/10/07(水) 16:42
10日(土)東京競馬場で行われるサウジアラビアロイヤルカップ(重賞)に出走予定のアストラエンブレム(牡2、美浦・小島茂之厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下のとおり。

◯アストラエンブレムについて小島茂之調教師

「本当は初戦で勝ちたかったところですが、勝てなかったあともコンディションはうまく維持できていました。前走の未勝利戦で勝ってくれてホッとしています。『調教ではまだ少しうるさいところがありますが、レースでは兄のブライトエンブレムよりも素直で扱いやすい』と田辺騎手も前走後に話していました。

前走後は放牧に出して、休養にあてました。いつもはレースの1ヶ月ほど前に戻ってくるのですが、もう少し牧場で調整してもらい、3週間ほど前に厩舎に戻ってきて調整しています。

1週前は併せ馬をしっかりできるか、ムキにならないかというところを確認しました。その点に関してはしっかりこなせました。先週末にしっかりとした調教をやりまして、そのときの動きは少し重かったのですが、そのあとは普段の動きが変わってきたのでこれで十分だろうと思い、今朝の最終追い切りは気持ちを整える程度でした。状態はいいという手応えはありますが、放牧を挟んだ分、初戦や2戦目とは細かい点で違った感触がある中で、どういった競馬をしてくれるのか楽しみです。

(アストラエンブレムの性格について)厩舎に来た当初はとても慎重でしたよね。今もそういう面は残していますが、慣れてくるとしっかりとこなしてくれるので、これから成長していってくれればより楽しみです。兄のテスタメントやブライトエンブレムは3歳や4歳になって成長してくれているので、この馬も上手に成長させてあげられればと思います。兄弟それぞれお父さんのいいところを引き継いでいて、タイプが違うのですが、この馬はすごく軽くてシャープな動きをすると2戦目に感じました。そういうところをレースで引き出せれば、いいレースをしてくれると思います。

東京1600mは実力を発揮しやすいコースだと思うので、力のある馬が出てきますが、四つに組んでどんな結果が出てくれるか、楽しみです。期待の大きい馬なので、まずは行儀よく、そして結果を残してくれればと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:小塚歩)