【メイクデビュー】(中山4R、5R)~リボンドグレープス、マツリダバッハが勝利 [News]
2015/10/04(日) 13:59
中山4Rのメイクデビュー中山(芝1200m)は1番人気リボンドグレープス(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒4(良)。3/4馬身差の2着に8番人気チタンクレバー、さらに1馬身半差の3着に2番人気メンデンホールが入った。

リボンドグレープスは美浦・堀宣行厩舎の2歳牝馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母スペシャルリボン(母の父スペシャルウィーク)。

~レース後のコメント~
1着 リボンドグレープス(M.デムーロ騎手)
「うるさいぐらいの元気があり、スタートしてハイジャンプしてしまいました。外枠でよかったです。それでも勝つのですから走る馬です。距離はマイルぐらいがいいと思います」

2着 チタンクレバー(吉田豊騎手)
「調教で1回乗っただけですが、スピードはあると思っていました。ただ、まだ競馬がわかっていない感じでした。ゆっくりと返し馬をして、レースまではうまくいったと思います。412キロと体も小さいので、まだこれからです」

3着 メンデンホール(四位洋文騎手)
「まだ馬が子どもです。思ったよりも進んでいきましたが、道中はフラフラしていました。レースを使っていけば、さらに走るようになるでしょう」


中山5Rのメイクデビュー中山(芝1800m)は2番人気マツリダバッハ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒2(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気シンボリラパス、さらに3/4馬身差の3着に4番人気ミヤビエンブレムが入った。

マツリダバッハは美浦・国枝栄厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母ムーンレディ(母の父Platini)。

~レース後のコメント~
1着 マツリダバッハ(蛯名正義騎手)
「まだ稽古では物足りないところもありましたが、芝の実戦で変わってくれないかと期待していました。最後はグンと伸びたように素質はあります。気持ちと身体が揃ってくれば、もっとよくなると思います」

2着 シンボリラパス(江田照男騎手)
「物見して幼いところもありますが、武騎手の馬が行ってくれたら、のびのびと走っていました。最後は決め手の差かなと思います」

3着 ミヤビエンブレム(四位洋文騎手)
「よく躾けられていて、乗りやすい馬です。ただ、馬に囲まれると耳を絞って気にしていました。次は東京を使うということですが、広いコースはもっといいと思います」

4着 エレクトロポップ(M.デムーロ騎手)
「まだ馬がすごく子どもです。まだ重いので、もう少し絞れてくればよくなると思います」

5着 ドーノデルソーレ(松岡正海騎手)
「ペースが遅く、流れ重視で行きましたが、いい競馬ができました。体調もまだよくなりそうで、今後が楽しみです」