【カンナS】(中山)~ボーダレスが内を捌いて抜け出す [News]
2015/10/03(土) 15:30
中山9Rのカンナステークス(2歳オープン、芝1200m)は4番人気ボーダレス(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒7(良)。1馬身1/4差2着に2番人気コスモアルコン、さらに3/4馬身差で3着に3番人気フレンチイデアルが入った。

ボーダレスは美浦・伊藤圭三厩舎の2歳牝馬で、父アドマイヤムーン、母コスモポリタン(母の父Cadeaux Genereux)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ボーダレス(横山典騎手)
「勝った時は逃げましたが、前回では脚をためたらあまり弾けませんでした。しかし、今日は違う馬のようでした。フットワークが良く、頭の位置も違いました。脚もたまりましたし、前が空いたらしっかりと脚を使ってくれました」

2着 コスモアルコン(柴田大騎手)
「スタートが良かったです。控える競馬も出来そうですが、上がって行こうとする時にゴチャゴチャすると嫌なので、自分のリズムで行きました。息を入れながら行けましたし、粘れるかなと思いましたが、相手が一枚上でした。力のある、いい馬です」

3着 フレンチイデアル(北村宏騎手)
「勝ち馬に比べると、枠の差もあったと思います。前向きで、一生懸命走っていて、いいところがあります。しっかりと伸びていました」

4着 ヒルダ(柴山騎手)
「レース前からカッカしていて、ゲートの駐立も良くありませんでした。ゲートが開いたら飛び上がってしまいました。力があるから4着に来れたのだと思います。力みが抜けてくれればいいですね」

5着 マイネルパッセ(松岡騎手)
「引っ掛かってしまいました。もう少し落ち着いてくると、終い伸びて来られると思います」