【スプリンターズS】外国馬情報~ルメール騎手、「レースが楽しみ」 [News]
2015/10/01(木) 14:49
 10月4日(日)に中山競馬場で行われるスプリンターズステークスに出走を予定しているリッチタペストリー(香港)の調教状況及び関係者のコメントは以下の通り。

リッチタペストリー(せん・7歳)
●調教状況(中山競馬場 天候:晴 馬場状態:良)
 【調教時間】 7:15~7:38
 【調教内容】 (ジャスティン・クラーク調教助手 騎乗)
 ジャスティン・クラーク調教助手が騎乗してダートコースで速歩1周
 クリストフ・ルメール騎手が騎乗して芝コースで常歩200m、速歩600m、キャンター200m~追い切り800m

ジャスティン・クラーク調教助手のコメント
「今日の追い切りは馬もリラックスして、気分良く走ってくれたので、大変満足しています。来日してからも飼い食いは良く、馬も日に日に強くなっている気がします。」

クリストフ・ルメール騎手のコメント
「(調教助手から私に)乗り替わって、しかも単独での調教ということもあり、少し物見をしていました。しかし、追い切りに入ってからは非常に乗りやすく、最後の200mで少しプレッシャーをかけた時のレスポンスも非常に良く、ストライドやバランスも好感触でした。レースでは、ペースが速ければ2頭程前に置いて追走したり、遅ければハナを取ったり、場合によっては少し下がった位置からでも競馬ができる自在性がある馬で、騎手としては選択肢の幅が広がるので、レースを楽しみにしています。枠順は12番より内が良いです。」

(JRA発表のリリースによる)