【スプリンターズS】栗東レポート~ハクサンムーン [News]
2015/09/30(水) 19:35
 セントウルステークスでは2番手からのレースで8着といいところのなかったハクサンムーン。悲願のGI奪取がかかる今回の調整はいつもと同じように他の馬がほとんどいなくなった10時前の坂路コース。最後までしっかりと追われた。

 調教後の関係者へのインタビューの内容は以下のとおり。

●ハクサンムーン(西園正都調教師)

◎セントウルステークスは8着でした。振り返って頂けますか?
 人気に推されていましたし万全に仕上げた状態で送り出したのですが2番手からしまいは止まってしまいましたので。それも年齢的なズブさが出た感じもしましたので、今日は敢えてズブさを解消するために初めてジョッキーにムチを叩いてもらって今週競馬だぞと意識させる負荷をかけました。時計も坂路で51秒台、最後も12秒4としっかりした上がりタイムでしたから万全の状態で行けると思います。

◎先週はどういう状態だったでしょう。
 中2週のローテーションですがしっかり仕上げていこうということで坂路で54秒台で最後もしっかり上がりましたので仕上がりとしては問題ないと思います。

◎スプリンターズステークスは3度目の挑戦ですが、どんなレースを期待されますか?
 2番手からも競馬はできるのですが、やはりこの馬はハナに行った時しか勝っていませんので、今回はハナにこだわってラップがどんなに速くなってもいいからハナに立とうと思います。

◎相手関係はどう見ていますか?
 相手は沢山いますけれど自分との戦いだと思いますので、GIで3着、2着、2着と来ていますので今度こそ雪辱を期したいと思います。

◎改めてレースに向けての意気込みをお願いします。
 今回しっかり仕上げてこれぞハクサンムーンというレースをさせたいと思いますので応援をよろしくお願いします。

(取材:佐藤泉)