【神戸新聞杯】(阪神)~リアファルが逃げ切りで重賞初V [News]
2015/09/27(日) 16:59
阪神11Rの神戸新聞杯(3歳GII・芝2400m)は3番人気リアファル(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分26秒7(良)。2馬身差の2着に1番人気リアルスティール、さらに2馬身半差の3着に7番人気トーセンバジルが入った。

リアファルは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母クリソプレーズ(母の父エルコンドルパサー)。通算成績は8戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 リアファル(C.ルメール騎手)
「いいスタートを切って、すぐに前へリラックスして行けました。ペースも速くなかったですし、直線に向いても大きなストライドで走ってくれました。スタミナがあるので3000mでも大丈夫でしょう。この秋はGIでいい馬に乗せていただけますし、楽しみです」

(音無秀孝調教師)
「前回の勝ちがフロックではないと証明できましたね。逃げなくてもいいとは思うのですが、スタートが速くて二の脚も速いので逃げる形になったのでしょう。勝ったことで胸を張って菊花賞へ行けます。他の馬も叩いてよくなってくるでしょうし、厳しい戦いになると思いますが、また今日のような走りを見せてほしいですね」

2着 リアルスティール(矢作芳人調教師)
「この結果を悲観はしていません。展開のアヤだと思いますし、先行有利の馬場でしたからね。ラストもしっかり伸びていましたし、折り合いも問題ありませんでした。次はしっかり巻き返します」

(福永祐一騎手)
「内のコースにつけたかったのですが、内の馬に張られて、外からになりました。それと、できればもう一列前のポジションにつけたかったですね。そこで無理に出すと、かかってしまいますから。道中は行きたがりながらも我慢して、馬場も距離も問題なくこなしてくれました。うまく走っています」

3着 トーセンバジル(四位洋文騎手)
「陣営からは中団のインから運んでという指示でしたが、後ろからになりました。でも、じっくりと運んで、直線はリアルスティールの後ろから伸びて、最低限の責任は果たせました。まだまだこれからの馬ですが、折り合いに不安もないので、距離が延びてもこなせそうです」

4着 バイガエシ(古川吉洋騎手)
「この上がりを早めに動いていきましたし、現状の力は出し切っています。でも、権利をとりたかったですね」

5着 ジュンスパーヒカル(小牧太騎手)
「荒れ馬場も内枠も気にせず走れました。できれば3着になってほしかったです」

6着 レッドソロモン(川須栄彦騎手)
「できれば、ずっと2~3番手から運びたかったのですが、道中は動くに動けず、4コーナーで前があいた後は切れ負けました。でも、持ち味が生きない流れの中、しぶとくがんばっています」

11着 ティルナノーグ(武豊騎手)
「4コーナー手前まで完璧だったのですが、4コーナーから急に気の悪さを見せてしまいました。残念です」

13着 マッサビエル(戸崎圭太騎手)
「ゲートはあんな感じですが、脚を使わなさすぎました。使ってよくなるタイプですからね」

14着 キロハナ(浜中俊騎手)
「久々で、初の距離と今回が3戦目。しかも多頭数。さすがに厳しかったですね。でも素質がある馬なので、これから巻き返してくれると思います」