【オールカマー】(中山)~ショウナンパンドラが外からまとめて差し切る [News]
2015/09/27(日) 16:51
中山11Rのオールカマー(3歳以上GII・芝2200m)は3番人気ショウナンパンドラ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒9(良)。1馬身半差の2着に1番人気ヌーヴォレコルト、さらに2馬身差の3着に7番人気ミトラが入った。

ショウナンパンドラは栗東・高野友和厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母キューティゴールド(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は14戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ショウナンパンドラ(池添謙一騎手)
「道中はムキにならず、リラックスして走っていました。うまく馬群の外に出せましたし、ゴーサインに反応してものすごい切れ味でした。次の大一番に向けて、順調にいってほしいです」

(高野友和調教師)
「もともとこれくらい強い馬だと思っていましたし、宝塚記念も勝ち負けのつもりで送り出しました。素質の高い馬で、時間とともに総合的に強くなったのだと思います。次は天皇賞(秋)へ向かう予定です」

2着 ヌーヴォレコルト(岩田康誠騎手)
「3~4コーナーは中山記念より厳しい印象でした。道中はストレスがかかっていた分、伸びがひと息になりました。馬の状態がよかっただけに残念です。本番で巻き返したいです」

3着 ミトラ(柴山雄一騎手)
「もうちょっとでした......。4コーナーでゴチャついたところから、うまく間を割ってくれました。久々でこの走り、力はあります」

4着 ロゴタイプ(田中剛調教師)
「微妙に距離が長かったです。強いレースをしています。ジョッキーは逃げたかったようですね。このあとは東京マイルあたりにいってみたいですが、斤量と相談して考えます。久々で見せ場を作ってくれました。またがんばります」

5着 マリアライト(蛯名正義騎手)
「序盤では外から出して行ってるんですが......。勝負どころで勝ち馬と脚色が違って外へ押し出されてしまいました」

9着 マイネルフロスト(松岡正海騎手)
「いい頃と比べるとまだ伸びがひと息です。これを使ってよくなると思います」

11着 マイネルミラノ(柴田大知騎手)
「スタートのタイミングもよくて、いい形だと思ったのですが......」

12着 タマモベストプレイ(津村明秀騎手)
「ヨーイドンの流れだと厳しいです。もう少し前に行きたかったです」