【芙蓉S】(中山)~良血プロディガルサンが差し切りV [News]
2015/09/27(日) 15:24
中山9Rの芙蓉ステークス(2歳オープン・芝2000m)は2番人気プロディガルサン(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒2(良)。半馬身差の2着に1番人気プランスシャルマン、さらに3馬身差の3着に7番人気キャプテンペリーが入った。

プロディガルサンは美浦・国枝栄厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー(母の父Storm Cat)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 プロディガルサン(国枝栄調教師)
「よかったです。これからもっとレースを覚えていってくれるといいですね。今後は東京スポーツ杯2歳Sを使うかどうか、考えます。朝日杯FSには行きません。来年のクラシックを視野に入れていきます」

3着 キャプテンペリー(大野拓弥騎手)
「前走は反応がにぶい面があったので、早め早めのレースをしました。距離にも対応してくれました。操縦性がいい馬です」

4着 ルノートル(M.デムーロ騎手)
「平均ペースで流れて、持ち味の速い脚が生かせませんでした。マイルの方がよさそうです」