【メイクデビュー】(中山4R、5R)~デピュティプライム、アメリカンヘブンが勝利 [News]
2015/09/27(日) 14:02
中山4Rのメイクデビュー中山(ダート1200m)は1番人気デピュティプライム(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒5(重)。5馬身差の2着に3番人気イザ、さらに1馬身3/4差の3着に4番人気ケイジーファルコンが入った。

デピュティプライムは美浦・小島茂之厩舎の2歳牡馬で、父フレンチデピュティ、母ジャドール(母の父フジキセキ)。

~レース後のコメント~
1着 デピュティプライム(M.デムーロ騎手)
「ゲートではうるさくなかったのですが、まだ若さがあって出遅れました。乗りやすい馬で、自分から動いていきました。距離はもうちょっと長い方がいいでしょう」

(小島茂之調教師)
「スタートを見て『これは2、3着だろう』と思っていましたが、4コーナーでは『勝ったな』という感じでした。調教では相手次第だと思っていたのですが、想像以上でした。M.デムーロ騎手も『賢い』と言っていましたし、素直な馬です。気性が悪くならないようにしていきたいです。今後はオーナーと相談して決めます」

2着 イザ(伴啓太騎手)
「練習ではゲートが速いと思っていましたが、浮くような感じになっていました。それでも二の脚は速かったですし、真面目です。今日は相手が悪かったです」

5着 テンノサクラコ(田辺裕信騎手)
「稽古より実戦でいいタイプ。1200mにも対応してくれました」


中山5Rのメイクデビュー中山(芝2000m)は1番人気アメリカンヘブン(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分05秒5(稍重)。1馬身3/4差の2着に2番人気ケイアイダイチャン、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気シュペルミエールが入った。

アメリカンヘブンは美浦・戸田博文厩舎の2歳牡馬で、父Gio Ponti、母Rap and Dance(母の父Pleasant Tap)。

~レース後のコメント~
1着 アメリカンヘブン(岩田康誠騎手)
「乗りやすさが武器の馬です。調教でいろんなことを試して、それが今日につながりました」

2着 ケイアイダイチャン(内田博幸騎手)
「一戦使って、これからだと思います。テンションが上がらないといいです」

5着 ダイワリアクション(M.デムーロ騎手)
「スローペースの流れで、ワンペースな走りになってしまいました」

8着 ジャンボスピリット(田辺裕信騎手)
「あまりスピードがないタイプで、芝かダートか、まだ手探りな状態ですが、芝の適性もありそうな感じでした」