【2歳未勝利】(中山1R、2R)~ポッドガゼール、アドマイヤモラールが勝利 [News]
2015/09/27(日) 13:53
中山1Rの2歳未勝利(ダート1800m)は4番人気ポッドガゼール(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒2(重)。3馬身差の2着に9番人気カムイ、さらにハナ差の3着に6番人気アシャカボラールが入った。

ポッドガゼールは美浦・武市康男厩舎の2歳牝馬で、父ドリームジャーニー、母トレノブレーヴィ(母の父アグネスデジタル)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ポッドガゼール(三浦皇成騎手)
「前走札幌で乗ったときにダートはいいんじゃないかと思った馬です。札幌ではまだ馬が硬い感じでしたが、この中間はしっかりと乗り込まれて、馬がずいぶんと変わっていました」

2着 カムイ(柴田善臣騎手)
「スピードタイプではありませんが、しぶとくがんばっていました。走っているときのアクションもいい馬です」

3着 アシャカボラール(伴啓太騎手)
「最後はクビの上げ下げで頭の位置だけの惜しい3着でしたが、馬は使われてよくなっています。馬自身がポイントをわかっているようで乗りやすく、すぐチャンスが来ると思います」

7着 クリムゾンバローズ(田辺裕信騎手)
「もっと短い距離の方がいいのでしょうか。今日はカーッとなってしまって止められませんでした」


中山2Rの2歳未勝利(芝1600m)は1番人気アドマイヤモラール(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒3(稍重)。半馬身差の2着に6番人気ラスカルグレイ、さらに3/4馬身差の3着に10番人気ダイチラディウスが入った。

アドマイヤモラールは美浦・上原博之厩舎の2歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母カツラドライバー(母の父ニホンピロウイナー)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤモラール(岩田康誠騎手)
「期待通りに走ってくれました。放牧で立て直した効果か、乗りやすくなっていました。思った以上に折り合いもつきました」

3着 ダイチラディウス(石川裕紀人騎手)
「まだ全体的に緩いところがありますが、かえって今日のような緩い馬場はよかったみたいです。これからよくなってくると思います」

4着 カキツバタチグサ(大野拓弥騎手)
「芝のフットワークはよかったですね。4コーナーでは外々を回らされましたが、乗っていた感触としてはよかったです」