【九十九里特別】(中山)~3歳スティーグリッツが人気に応える [News]
2015/09/26(土) 17:03
中山9Rの九十九里特別(3歳以上1000万下、芝2500m)は1番人気スティーグリッツ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分35秒5(稍重)。1/2馬身差2着に7番人気フジマサエンペラー、さらにアタマ差で3着に3番人気ヤマニンボワラクテが入った。

スティーグリッツは栗東・友道康夫厩舎の3歳牡馬で、父ハービンジャー、母サンタフェソレイユ(母の父アグネスタキオン)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 スティーグリッツ(内田博騎手)
「スタートはあんなもの。内に入れれば入れようとも思いましたが、動ける位置で競馬をしました。最後も一度差を詰められましたが、差し返すことが出来ました。馬場は良い方がいいですね。折り合いも距離も問題ありません」

(友道康夫調教師)
「ここで3勝目を挙げられたのは大きいですね。距離があってもいいので、菊花賞本番も楽しみです」

2着 フジマサエンペラー(江田照騎手)
「勝ったと思いました。気の悪いところがあって、前に出ると止めてしまうところがあります。今日はいい感じで競馬が出来たのは大きいです」

3着 ヤマニンボワラクテ(横山典騎手)
「競馬の型としては良かったが、体が緩いところもあり、ゴーサインを出した時にスッと反応出来ませんでした」

4着 ルミナスレッド(黛騎手)
「自分のリズムで行って、3分3厘から自分から動かして行きました。メリハリのある競馬が出来て良かったです。馬の状態も良かったです。平坦コースの方が合っていると思います」