【大阪スポーツ杯】(阪神)~サクラエールがゴール前捉える [News]
2015/09/26(土) 16:38
阪神11Rの大阪スポーツ杯(3歳以上1600万下、ダート1400m)は3番人気サクラエール(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒3(稍重)。1馬身1/4差2着に1番人気サンレーン、さらに1馬身1/4差で3着に7番人気サウススターマンが入った。

サクラエールは栗東・羽月友彦厩舎の4歳牡馬で、父ケイムホーム、母サクラロマンス(母の父サクラホクトオー)。通算成績は16戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 サクラエール(池添騎手)
「スタートは普通に出て、幾分ポジションを取りに行って、内でロスなくレースが出来ました。直線で外に出してからはいつもの脚を使ってくれました。オープンでも力は通用すると思います」

2着 サンレーン(武豊騎手)
「直線で一旦後続を突き放して、よく最後まで頑張っています。前回は左回りで快勝でしたが、右回りでもバランス良く走っていました」

3着 サウススターマン(北村友騎手)
「序盤のペースが速く、ついて行けない面がありましたが、直線では思いのほか反応が良く伸びてくれました。馬体重はマイナス14キロでしたが、体はこのくらいがいい感じだと思います」

4着 コリンブレッセ(岩田騎手)
「能力はある馬なのですが、展開がはまらないと力を発揮出来ないタイプの馬です。それでも今日は馬群の中でよく耐えて走ってくれました」

5着 アルボナンザ(四位騎手)
「休み明けでしたが、この馬のパターンでレースが出来て、それなりの脚を使ってくれています。リフレッシュしていい感じになっていますし、これから使いつつ良くなっていくでしょう」