【セントライト記念】(中山)~キタサンブラックが直線押し切って重賞2勝目 [News]
2015/09/21(月) 17:10
中山11Rの第69回セントライト記念(GII、3歳、芝2200m)は6番人気キタサンブラック(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分13秒8(良)。3/4馬身差2着に9番人気ミュゼエイリアン、さらにアタマ差で3着に10番人気ジュンツバサが入った。

キタサンブラックは栗東・清水久詞厩舎の3歳牡馬で、父ブラックタイド、母シュガーハート(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は6戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 キタサンブラック(北村宏騎手)
「スタート次第で位置取りにはこだわらず、とにかく自然の流れで行きました。緩いペースで行きたがっていましたが、折り合いに専念しました。自分の馬も余力十分でしたが、他の馬も脚がたまっていましたし、よく最後まで辛抱してくれました。夏を越して一段と身が入り、しっかりとしてきた印象です。本番も自分の走りが出来れば楽しみだと思います」

(清水久詞調教師)
「うまく折り合って、枠順も外で良かったです。内の枠だとどこかで出していかなくてはなりませんから。プラス体重もほぼ成長分です。調教を積んでのプラス体重ですし、体は心配していませんでした。ブランクだけが気になりました。この後は3000mに合わせた調教をしていきたいと思いますが、稽古も積んできているので、オーバーワークにならないようにしていきたいです」

2着 ミュゼエイリアン(黒岩陽一調教師)
「結果的には、流れに恵まれた中での2着でした。道中はムキにならず、いいリズムで行けたことは収穫がありました。次走に向けて胸を張ってというのはありませんが、まだまだ成長してくれると思います。本番に向かいたいと思います。次につながるいい走りでした」

3着 ジュンツバサ(石橋脩騎手)
「いいモノを持っています。調教に乗っていいなと思いました。これから良くなる馬ですし、メンバーが強い中、外から競馬をしてはきついので、内枠で良かったです。内で詰まれば仕方がないと思っていました。最後は根性を出して狭いところを割ってくれました。走る馬です。今後も楽しみです」

4着 ウイングチップ(田中勝騎手)
「惜しかったです。あの競馬で勝てないのですから仕方がありません」

6着 タンタアレグリア(蛯名騎手)
「リズム良く、淡々と運べました。しかし、ゲートの中でいなないたり、他の馬を見たりしていました。それでも少しずつ色々なことを覚えて、競馬ぶりが良くなっています。次はもっとやれるでしょう」

8着 レッドライジェル(四位騎手)
「最初はじっくり行って、徐々に上がって行こうと思っていました。4コーナーを回ってもいい手応えでした。まだまだこれから良くなるでしょう」

9着 グリュイエール(戸崎騎手)
「前走よりも気持ちが乗っていました。行きっぷりもいい感じでした」

10着 ブライトエンブレム(田辺騎手)
「久々ですし、距離が長いのも初めてだったので、リズム良く、あとはいい感じに上がって行こうと思っていました。しかし、久々の分や、スローペースもあって、最後は苦しくなりました」

12着 ブランドベルグ(松田騎手)
「大外枠だったので、下げてレースをしました。しかし、ペースが落ち着きすぎました。枠順がついてなかったです」

13着 ミュゼゴースト(柴田善騎手)
「3コーナー過ぎで、いい位置を取ろうとして動かして行こうとしましたが、動きませんでした」

14着 スモークフリー(柴山騎手)
「3番手でいいリズムで行きました。しかし、ヨーイドンの競馬になってしまいました。もう少し早めに動いて行っても良かったです」

15着 ロッカフェスタ(ルメール騎手)
「ずっと忙しかったです。反応がありませんでした。まだ若い馬なので、経験を積んでからですね」