【オークランドRCT】(阪神)~初ダートのアウォーディーが制す [News]
2015/09/19(土) 16:41
阪神11Rのオークランドレーシングクラブトロフィー(3歳以上1600万下・ダート1800m)は7番人気アウォーディー(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒0(良)。3/4馬身差の2着に6番人気イースターパレード、さらに5馬身差の3着に9番人気ハギノタイクーンが入った。

アウォーディーは栗東・松永幹夫厩舎の5歳牡馬で、父Jungle Pocket、母Heavenly Romance(母の父Sunday Silence)。通算成績は27戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 アウォーディー(武豊騎手)
「あっさり勝つか、全然かと思っていましたが、いい方に出ましたね。それにしてもダートは走りますね。それに具合がよかったということもあったと思います。楽しみな馬が出てきました」

2着 イースターパレード(幸英明騎手)
「この馬もよく走っています。直線も伸びていますが、勝ち馬の勢いが違いましたね」

3着 ハギノタイクーン(C.ルメール騎手)
「ワンペースなところがありますが、内を突いて、いいレースをしてくれました。乗りやすい馬ですし、1800mも合っています。がんばってくれました」

4着 エクストラゴールド(福永祐一騎手)
「休み明けはあまり走りませんが、今日は雰囲気がよかったですね。クラスのメドも立ちました。使った次はさらによくなってきそうです」

5着 タマノブリュネット(岩田康誠騎手)
「展開か、夏場の影響か、今日は勝負どころの反応が鈍かったですね。いいポジションでレースを運びたかったのですが......」

6着 グッドマイスター(北村友一騎手)
「道中はリズムよく運ぶことを第一に心がけました。勝負どころでモタついたのは休み明けのせいでしょうか。一度使って、次はよくなってきそうです」