【レインボーS】(中山)~ライズトゥフェイムが直線一気でV [News]
2015/09/19(土) 16:35
中山11Rのレインボーステークス(3歳以上1600万下・芝2000m)は2番人気ライズトゥフェイム(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒0(良)。1馬身半差の2着に3番人気レッドセシリア、さらにアタマ差の3着に9番人気マイネルジェイドが入った。

ライズトゥフェイムは美浦・加藤征弘厩舎の5歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母バラファミー(母の父Barathea)。通算成績は19戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ライズトゥフェイム(石川裕紀人騎手)
「2走前に乗ったときに脚がたまれば切れると思いました。今日はインコースで脚をためることができました。3コーナーで前が詰まったので外へ出して、本当にいい脚を使ってくれました。強い競馬でした」

2着 レッドセシリア(三浦皇成騎手)
「理想的な競馬でした。距離が長いので外を回ってもと思い、直線まで我慢して脚をためました。馬群にひるむことなく、こういう競馬ができたのは収穫です」

3着 マイネルジェイド(戸崎圭太騎手)
「フットワークが軽く、全身を使って走っていて、いい感じでした。最後他馬に寄られても中を割っていきました」

4着 ダイワリベラル(菊沢隆徳調教師)
「いい感じで行きましたが、みんなの目標にされてしまいました。前に行った馬のなかでは残っていますし、淀みのない競馬で力は出していると思います」