【2歳未勝利】(中山1R、2R、3R)~ニシノグリーディ、ミッテルレギ、ハレルヤボーイが勝利 [News]
2015/09/19(土) 13:53
中山1Rの2歳未勝利(牝馬・ダート1200m)は3番人気ニシノグリーディ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒1(不良)。3/4馬身差の2着に4番人気ブランシェクール、さらに3/4馬身差の3着に2番人気ラッキーガナドールが入った。

ニシノグリーディは美浦・奥平雅士厩舎の2歳牝馬で、父スターリングローズ、母グロリアスドータ(母の父フレンチグローリー)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ニシノグリーディ(内田博幸騎手)
「二の脚で引っ張ったままの手応えで、楽にハナに行けました。直線で詰め寄られましたが、最後まで楽でした」

2着 ブランシェクール(柴山雄一騎手)
「スタートで挟まれ、砂を被って後方からになりましたが、3コーナーで勢いがついてからは最後までしっかりと走ってくれました」

3着 ラッキーガナドール(三浦皇成騎手)
「体が緩くて坂でもジリジリとした脚になってしまいました。もっと体がしっかりしてくるといいでしょう」


中山2Rの2歳未勝利(ダート1800m)は3番人気ミッテルレギ(井上敏樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒7(不良)。1馬身3/4差の2着に1番人気コパノビジン、さらにアタマ差の3着に7番人気サラセニアが入った。

ミッテルレギは美浦・和田正道厩舎の2歳牡馬で、父ディープスカイ、母イットオールアッズアップ(母の父Our Emblem)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ミッテルレギ(井上敏樹騎手)
「速いペースでハナに立ちましたが、最後他馬がきたら、もうひと伸びしてくれました」

2着 コパノビジン(石川裕紀人騎手)
「ハミを替えた効果で口向きがよくなっていました。淀みのないようで結構楽なペースで逃げ切られてしまいました」

3着 サラセニア(吉田豊騎手)
「最後追い詰めたんですけどね。外枠でしたし、あまり外々を回りたくありませんでしたが、うまく内に入れることができました。初戦よりも内容はよくなっています」

4着 サムライダマシー(西田雄一郎騎手)
「この馬としては落ち着いていました。テンを急かさずに行きましたが、こういう競馬ができれば今後につながっていくと思います」


中山3Rの2歳未勝利(芝1600m)は3番人気ハレルヤボーイ(吉田豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒4(稍重)。5馬身差の2着に2番人気アートラヴァー、さらに2馬身半差の3着に4番人気マックールが入った。

ハレルヤボーイは美浦・田村康仁厩舎の2歳牡馬で、父トーセンファントム、母トーセンミネルバ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ハレルヤボーイ(吉田豊騎手)
「後ろから行ってもいいと言われていましたが、スタートを出なくて、後ろからになりました。最後はいい伸びでした。以前とは反応が違いました。ある程度の位置がとれて、今日のような脚が使えればもっとやれそうです」

3着 マックール(内田博幸騎手)
「距離は1800mだと少し長いので、短くなったのはよかったと思います。この馬なりにがんばっています」

4着 スリーミュージアム(大野拓弥騎手)
「展開が向きましたし、内をうまくさばけました」