【京成杯AH】(中山)~フラアンジェリコが激戦制して重賞初制覇 [News]
2015/09/13(日) 17:13
中山11Rの第60回京成杯オータムハンデキャップ(GIII、3歳以上、ハンデ、芝1600m)は13番人気フラアンジェリコ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒3(良)。ハナ差2着に11番人気エキストラエンド、さらにハナ差で3着に7番人気ヤングマンパワーが入った。

フラアンジェリコは美浦・斎藤誠厩舎の7歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母カーリーエンジェル(母の父ジヤツジアンジエルーチ)。通算成績は37戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 フラアンジェリコ(田辺騎手)
「コース適性はありました。しかし、メンバーが強くなって、甘くないなとは思っていました。それでもハンデが軽く、馬の状態も良かったので、直線では期待通り伸びてくれました。開幕週なので前が有利なのでしょうが、この馬のリズムを尊重して、いつも通りの競馬をしました。前走は人気をしていましたし、それなりに意識はしていました。今日は挽回が出来ました。よくここまで勝ち上がってくれました。これからポンポンと勝ってくれればいいですね」

2着 エキストラエンド(吉田隼騎手)
「離れたところから来られてしまいました。馬体を併せる形なら違っていたかもしれません。こちらも伸びていましたから。1600mなのである程度出して行こうと思い、いい位置で競馬が出来ました」

3着 ヤングマンパワー(松岡騎手)
「体重減は予想外でした。ピリピリしていてイレ込んでいました。力はあります。内枠ならもっと良かったのですが...」

4着 グランシルク(福永騎手)
「狭いところを割ってよく伸びてきています。古馬相手でも力をつけています」

5着 ショウナンアチーヴ(柴田善騎手)
「久々のマイルが良かったのかもしれません。序盤は我慢して、いい脚で伸びてくれました」

6着 シャイニープリンス(蛯名騎手)
「外から来て、下げざるを得ませんでした。いいレースは出来ているのですが...」

7着 アルビアーノ(柴山騎手)
「いい感じで直線に向けたのですが、坂で脚色が鈍ってしまいました。初の古馬との対戦や、休み明けでもよく頑張っています」

9着 ブレイズアトレイル(田中勝騎手)
「落ち着きすぎているような感じで、もう少しピリッとしてくれるといいのですが...」

10着 アルマディヴァン(勝浦騎手)
「いい枠順が引けたと思ったのですが、逆にアダとなってしまいました。リズムは良かったのですが、外へ出せませんでした」

11着 タマモトッププレイ(津村騎手)
「もう少し行きたかったのですが、テンが遅かったです。ただ、こういうレースを覚えさせればもっと良くなると思います」

12着 コスモソーンパーク(柴田大騎手)
「ゲートを出すぎました。壁を作れずにいたためか、あるいは休み明けのせいか、力んでいました。今日に限ってポンとスタートを切ってしまって...」

14着 ケイティープライド(三浦騎手)
「リズムは良かったんですが...」

15着 スマートオリオン(内田博騎手)
「いいところまで行ったと思ったのですが...。狭くなってしまい、出て来られませんでした」

16着 レッドアリオン(川須騎手)
「外からプレッシャーを受けてしまいました。一度は下げてから外へ出さざるを得なくなりました。前崩れになりましたし、勝負どころでダメなときの仕草が出てしまいました。まだ課題が多いです」